韻とアイデアほか

日本語の押韻などに関する走り書きetc...

【Quake(仮)】②まだ歌われていない営み

f:id:Tachibuana:20190107102704p:plain

ビールケースは用意した。その上で何を説く?


 て第一回では「どうやって海外との差別化を図るか? "どう歌うか"?」という点に重きを置いて材料を探してみました。和楽器や80年代のラップ、マスロックあたりを参照することでぼんやりとした全体像が見えてきたと思います。

 しかし"何を"歌えばいいんでしょう?

 

f:id:Tachibuana:20190107104048p:plain
(utakiki氏のツイートを借用。言及ありがたいです...)

 

 従来のヒップホップのように私生活についてアレコレ述べるというのも良いですが、それだとわざわざ新ジャンルを名乗る意義が弱いように思えます。もちろん日本には銃社会のゲットーや根深い人種差別はなく(貧困はそこいらにありますが)、劣悪環境があるとしてもSHINGO☆西成やANARCHY、BAD HOPなどの面々が既に表現済み。かといって日常的なことはラップでなくともロックやポップスでだって表現できるわけです。

 例えばトラップシーンでは「金・女・暴力と共存する軟弱さ」や「薬物賛美とそれに対する葛藤」のような若者らしい矛盾が散見され(全部ではないですが)、グライムシーンでは「郵便番号レベルまでのローカル」、良い意味でこじんまりとした範囲での物事を説いていたりします。そしてスラングの数々...

 

 ではあえて客観的に、"日本でしか歌えないこと"、あるいは"日本でこそ歌うべきこと"を考えるとどんな要素が浮かぶでしょう。忍者、侍、ゲイシャ、ハラキリのようなステレオタイプでしょうか?

 確かにそれらは諸外国から見て特徴的ではありますし、Huluで"日本的"な映画を探せばそのような文化が該当するかもしれません。しかしあくまでそれらは過去の産物、アイコンであり、現在の自分たちの立場を表しているものではありません。わざわざ甲賀や伊賀まで忍法の修行をしにいくこともないですし、そもそも銃刀法で刀は持てないわけです。

 というわけで今回は『今の自分たちの何を表現するのか?』それについていくつかの要素を取り合げてみることにします。

 

続きを読む

【Quake(仮)】新ジャンル提唱のための前書き、あと材料各種

 

f:id:Tachibuana:20190105105338p:plain

固定観念に"震災"を起こせ

 

 塚治虫がコマ割りに革命を起こして"Comic"から"Manga"へ独立させたように、日本のラップミュージックも既存のジャンル...つまりヒップホップやトラップ、グライムなどから独立できないかなと考えるわけです。

 なぜ独立しようとするか!まず第一に『自立した文脈がなければずっと海外のトレンドを追いかけ続けるだけになって、ようするに"先頭"にはなれないから』です。

 今日のマンガ界は数え切れないほどの個性で溢れていて、先人若手ふくめ海外のバンドデシネやアメコミからの影響を公言している作家はたくさんいます。しかしそれら全ての作家が"漫画家"たりえるのはひとえにマンガの作法に乗っ取っているからだと思うわけです。つまりコマ割りや特徴的なデフォルメ技法...などなど、いかなる影響があっても根幹をなす定義の存在を第一にしている。

 何が言いたいかというと、日本の音楽もコマ割りのような新しい技法、枠をでっちあげて、その上でやったらいいんじゃないの、ということです。そしてその大枠の中でさまざまな分岐を新しく作り出していく。海外から分譲された土台ではなく、です。

 

続きを読む

【UK Hiphop】英国ヒップホップはDirty Dikeから知れ!

f:id:Tachibuana:20180815140614p:plain

英国Hiphopシーンの復活、その立役者

 

 ンブリッジ出身、元レイブシーンのDJ..."汚い堤防"のMCネームの通り、彼はイギリスのヒップホップでも随一の底汚さを誇るラッパーです。猥雑さの目立つリリックは過剰かつ整然とした韻律で占められていてヘッドバングに耐える完成度ながら、半分くらい意味不明であることも魅力のひとつです。

 その破綻したスタイルは技術以上に"彼自身の魅力"で成り立っているといって良く、代表曲のひとつ『I Ain't Got A Crue(確証にはならない)』でもその点に言及しています。

 

Dirty Dike - I Ain't Got A Clue

"Rappers stepping to me, they want to get some
ラッパーどもが近づいてくる、関係が欲しいのさ
But most of them should go and eat a hand full of fuckin' shit
だが大半の連中はやってきて手に余るウンコを喰らうだろうね" 

 

 そんな誠実とは言いがたい彼がなぜ"立役者"となりえたのか? 今回は彼の成し遂げた多方面での功績に目を向けながら、最新の英国ヒップホップシーンも紹介していきたいと思います。

続きを読む

【整理】自然な語順で韻を踏むには?

f:id:Tachibuana:20180811102056j:plain

「昔々、あるところにお爺さんとお婆さんがおりました。

 お爺さんは山へ芝刈りに、お婆さんは川へ洗濯に...」

 

 読んでみてください。ごく当たり前に知られている昔話、桃太郎の導入ですね。使い古された古典です。では、この文章を単語の脚韻を踏みながら書き直してみましょう!

 

 ...と言われたとき、どうすればいいでしょう?

 

続きを読む

【駄文】"老い"への羨望

Madvillain - Accordion

"Living off borrowed time, the clock tick faster

借りた時間に生き、針の傾きは速度を増していく"

 

 "I-C-E cold, Nice to be old

氷結はつめたく、老成はめでたい"

 

 老いることに憧れがある。もちろん自分の父親や飲食店で怒鳴り散らす中年男性を見ては「ああはなりたくない」と思ったりもしたが、正しく老いた人は魅力的だ。バイト先に居た古い女性店長(もういない)の厚化粧の奥にのぞく"熟れ"を見るたびドキドキと胸を鳴らしたものだったし、気がつくと聴いている音楽も中高年が歌唱、演奏しているものばかりになってしまっていた。

 

 少し考えてみて分かったが、自分は老いや老いることそのものでなく、「老いを肯定しつつそれを恥じもする人」に惹かれるんだなと思う。例えば前述の女性店長は『化粧越しに垣間見える老い』が、老年の音楽家は『年齢と技術に裏打ちされつつも未開の境地を探ろうとする意志』がそれぞれを素晴らしくしている理由になっていると感じる。逆に恥じていない人は魅力的には映らない、ということかもしれない。

 

続きを読む

【Grime】グライムって何——③ラップはどう違う?

f:id:Tachibuana:20180706201333p:plain

「ビート作ったよ!で、どうラップすればいい?」

「とにかく早口で詰め込んだけど...それっぽくならない!」

「...早すぎて滑舌足りないんだけどどうしたらいい?」

 

 2000年前半、グライムラップはUKガレージのそれとの差別化を図るために、ある面で単調とも言える"強い形式美"に重きをおくようになりました。それは現在のUSトラップがヒップホップから独立する過程で(Migosなどによって発明された)三連符のフローを多用するに至ったのと似ています。

 では具体的にどのような形式があるんでしょう? 今回3回目となる本記事では、実際にグライムの楽曲とそのリリックを参照しながら、いくつかのパターンに分けて考えていきます。そして英詩の構成を踏まえた上でどう日本語に置き換えていくか? ということも提案できればと思います。ではやっていきましょう...

 

続きを読む

【Grime】グライムって何——②どうビート作るの?

f:id:Tachibuana:20180626114920j:plain

「グライムやってみたいんだけど、どうビート打ち込めばいいの?」

「ぶっちゃけトラップと一緒じゃない?」

「どうやってもダサくなっちゃんだけど...」

 

 これは聴き漁ってみて感じたことですが、どうも『グライムのビート』というのは1種類に収まるものではないらしいです。というのも、グライムがそもそも2stepやUKgarageなどから派生し、Dubstepなんかを通過し、Cloud RapやTrapなどがUSからやってきて...と長い時間を経て様々な影響を潜ってきているので、一概に「コレこそグライムだ!」というサウンドを断定することが難しいのです。

 

 なので、今回は様々な音源を比較していくつかの分類に分けつつ、それぞれの特徴を把握していく記事にしたいと思います。今回は各アーティストの説明などはハショらせていただきます(というか詳しく知らない)。中にはグライムっぽくないな、みたいなものもありますがご了承をば。

 そして筆者自身も新参者なので事実認識などテキトーです。そのあたり大雑把に捉えていただければ(失礼!)。それでは最初はグライムの原点...ではなく、それ以前よりあったGarage rapから聴いてまいりましょう。

 

続きを読む