韻とアイデアほか

日本語の押韻などに関する走り書きetc...

翻訳練習

【翻訳練習】Madvillain - Rhinestone Cowboy

Madvillain - Rhinestone Cowboy 名盤『Madvillainy』、珠玉の21曲をつらね、そのラストを飾る曲は...なんとアルバムのリークに対する復讐劇でした! 実はこの名盤がリリースされる一年前、なんと何者かが彼らのデモテープを盗み、黎明期のインターネット上…

【翻訳練習】Madvillain - Great Day

Madvillain - Great Day 今日は素晴らしい一日になりそうだな——アルバムのセミファイナルとなる本曲『Great Day』は、ここに来て何やら不穏なフラグを立てて始まります。そして崖に宙ぶらんのまま次回に続くドラマのシーズンエンドのごとく、興奮に意表を突…

【翻訳練習】Madvillain - All Caps

Madvillain - All Caps さあ残すところ3曲となりました。DOOMとMadlibはいったいどうアルバムを締めるんだ...!?といった具合ですが、ひとまずYouTubeで一番伸びてるこの曲の訳を終わらせることにしましょう。 この曲はDOOMによるこれといった特徴のない、…

【翻訳練習】Madvillain - Fancy Clown

Madvillain - Fancy Clown アルバム『Madvillainy』完訳シリーズも終盤となってきました!相変わらず稚拙ではありますが、最後までお付き合いください。 さてこの17曲目『Fancy Clown』ではDOOMの別名義でありタイムトラベラー(という設定)である謎の男、"…

【翻訳練習】Madvillain - Strange Ways

Madvillain - Strange Ways 警察批判をするヒップホップソングは数多いですが、それを戦争と並列し、ダブルミーニングでまとめあげるというのは如何にも彼らしい手口です。これをもっと腰を据えて、言葉遊び抜きにやったのはKiller Mikeの『Reagan』とかにな…

【翻訳練習】Madvillain - Hardcore Hastle

Madvillain - Hardcore Hastle マッドリブはこのタッグを組む以前にLootpackというグループを組んでおり、本曲はそのMCの片割れであるWildchildのソロが披露されております。『Weededed』『The Anthem』とか、好き者に知られた曲は数知れず... Wildchildはを…

【翻訳練習】Madvillain - Eye

Madvillain - Eye 歌とビートがひたすらスムースに、高揚感に誘ってくれるエエ曲です。アルバム『Madvillainy』で唯一気持ちを落ち着かせてくれる曲ですね。"ハイ"の意味がどっちなのかとかは聞いてはいけない。 この歌を歌ってる人はStacy Eppsという方らし…

【翻訳練習】Madvillain - Rainbows

Madvillain - Rainbows スニッチ、ラット(密告・密告者)といえば最近6ix9ineが裁判所でやらかしたことが記憶に新しいですね。そういえば彼の髪の毛も見事な"Rainbow"でしたが... DOOMによるソプラノの歌が披露される本曲は、少ない言葉数で密告野郎(ラッ…

【翻訳練習】Madvillain - Bistro

Madvillain - Bistro レディース・アンド・ジェントルメン、なんつってドゥームがアルバムの主演(だいたいDOOMとMadlibの別名義)を紹介する回です。特に説明も不要でしょう...

【翻訳練習】Madvillain - The Illest Villains

Madvillain - The Illest Villains 怪盤Madvillainyの記念すべき一曲目は、マッドリブ大先生のカオスなコラージュ芸で幕を開けます。イントロからベースが絶好調でぶんぶん唸ってて、快作を予感させること間違いなし。 さすが『MM...Food』で脳みそと腹筋を…

【翻訳練習】Madvillain - Figaro

Madvillain - Figaro 画像が気になる方もいるでしょうが、これはDOOMが結婚式の司会を務めているという極めてシュール...いや失礼、きみょ...貴重な一枚になります。こんな変人に任せる親族一同の寛容さに心を打たれますね。 『Figaro』はドゥームの押韻狂い…

【翻訳練習】Madvillain - Operation Lifesaver aka Mint Test

Madvillain - Operation Lifesaver aka Mint Test ドゥームといえばお得意のギャグライムですが、ここでもそのユーモラスなライムがいかんなく繰り出されます。 この『Operation Lifesaver aka Mint Test』とかいう長ったらしいタイトルの曲は『Curls』に続…

【翻訳練習】Madvillain - Shadow of Tommorow

Madvillain - Shadow of Tommorow もしかして明日の昨日は今日、昨日の未来が今日なのでは、とすると今日俺は未来に生きていて、ウ〜〜〜ン... 深夜に起きているとこんな感じのひとり禅問答をやりがちですが、このQuasimotoによる混沌はそれを思い起こさせる…

【翻訳練習】Jehst - High Plains Anthem

Jehst - High Plains Anthem 英国ヒップホップを語る上で最も避けて通れない男は? こんな質問をイギリスのリスナーがされたとして、まず間違いなく名前が挙がるであろうMC、それがこの男、Jehstです。 Jehstは1998年から活動を開始しているMCで、自身がリリ…

【翻訳練習】Madvillain - Money Folder

Madvillain - Money Folder しばらく真面目な曲が続くこのアルバムですが、11曲目『Money Folder』でようやく、ソロアルバムなどでよく見られる彼の馬脚があわらになります(失礼)。 すっきり目が覚めた早朝に茶も入れず翻訳作業をしてたのですが、こういう…

【翻訳練習】Lee Scott - Eight O'Clock In The Morning

Lee Scott - Eight O'Clock In The Morning 資本主義批判といえばアングラMCの得意分野ともいえる題材ですが、このLee Scottの一曲『Eight O'Clock In The Morning』はそこにSFと詩情、気の利いた押韻を加えた意欲作です。 タイトルの"朝の八時"ですが、これ…

【翻訳練習】Madvillain - Curls

Madvillain - Curls ダブルミーニングという概念は認知されていると思いますが、それを巧みに使いこなしているラッパーとなると中々思い浮かばないと思います。日本語ラップとなるとなおさらで、その理由として『日本語において一つの単語が複数の意味を持つ…

【翻訳練習】Lee Scott - Me O'Clock

Lee Scott - Me O'Clock 時間は有限、人生は一度きり、でも動けないのが人生だったりします。だいたい理性でやるべきことを逐次こなせてたら、そりゃもうプログラムされたボットですよ。自分がこの翻訳シリーズをやってるのだって客観的に見れば現実逃避でし…

【翻訳練習】Madvillain - America's Most Blunted

Madvillain - America's Most Blunted あくまでこのブログは健全な研究研鑽のためのものであって、決して薬物の啓蒙だとか紹興(これは造語)だとかをする目的の場所ではないことを明記しておきます。それを踏まえ、今回ご紹介する曲はこちら..."アメリカで…

【翻訳練習】Strange U - The Cake Is A Lie

Strange U - The Cake Is A Lie ゲームや漫画、アニメ、映画...果てはSF小説や神話に至るまで、あらゆるオタク知識を総動員してライミングを披露する音楽をナード・ラップとか呼んだりします。今回ご紹介するグループStrange U(niversal)の『The Cake Is A L…

【翻訳練習】Madvillain - Raid feat.M.E.D.

Madvillain - Raid Madvillain全訳シリーズ、第二回となる今回はStones ThrowのレーベルメイトM.E.D.を招いたクラシックナンバー『Raid』の翻訳となります。 M.E.D.といえば癖になる後乗りのフロウが特徴的ですよね。『Push Comes To Shove』『Classic』など…

【翻訳練習】Upfront - What People Say (feat. Res One, Chakaya)

Upfront - What People Say 矛盾というのは誰しも生じうる問題だと思います。人生は金じゃないと言いつつ、やはり出世の道は残しておこうと考え、もう酒は飲まない、恋はしない、この収集したエロ画像群を葬り去って二度とティッシュにくるまない... そんな…

【翻訳練習】Madvillain - Meat Grinder

Madvillain - Meat Grinder USアングラの鉄仮面と聞いて誰だかわかるヘッズは、この変人のおっさんが何を言っているのか気になっているかと思います。仮想のアコーディオンをかき鳴らす、伝説的MCであり奇抜で怠惰なビートメイカー... そんなわけで翻訳練習…

【翻訳練習】Skuff - Raise

Skuff - Raise 翻訳練習シリーズも5回目という感じで、まあいつもの三日坊主にならなくなってよかったと一安心しているところです。何せ飽きやすい性格なので...と関係ない事柄はさておき。 今回は英国のアンダーグラウンドヒップホップから、隠れた傑作と目…

【翻訳練習】Aesop Rock - None Shall Pass

Aesop Rock - None Shall Pass ※今回の記事は某氏のブログに掲載した対訳にちょいと手を加えたものになります。原文にあったコラムのような駄文はカットさせていただきました。だって恥ずかしい! さて今回はアメリカの00年代アングラ全盛期、その筆頭として…

【翻訳練習】Dirty Dike - Prawns

Dirty Dike - Prawns 翻訳練習、第3回は前回から引き続きDirty Dike、アルバム『Sucking On The Prawns In The Moonlight』から表題曲『Prawns』です。 最初このアルバムタイトルを見た時「???」みたいになったことを覚えているんですが、最後まで聴いて…

【翻訳練習】Dirty Dike - Morph Into Any Shape

Dirty Dike - Morph Into Any Shape 翻訳練習シリーズ、第二回はおなじみダーティ・ダイク先生の初期の傑作『Constant Dikestar』から、多音節韻の凄まじいこのナンバーを。 ダーティ・ダイクは代表曲の『Pork Pie』などで確認できるように、白人らしい整然…

【翻訳練習】 Jam Baxter - Breakfast

Jam Baxter - Breakfast 英国保守党の過半数獲得を記念して!(ジャムバクスターは保守党嫌いだそうけど) こちらの曲はJam Baxterの名盤『...So We Ate Them Whole』のラスト曲になります。アルバム全体を通してイギリスの名プロデューサーであるChemoがプ…