韻とアイデアほか

日本語の押韻などに関する走り書きetc...

【翻訳練習】 Jam Baxter - Breakfast

f:id:Tachibuana:20191213154517j:plain

Jam Baxter - Breakfast

 

 国保守党の過半数獲得を記念して!(ジャムバクスターは保守党嫌いだそうけど)

 こちらの曲はJam Baxterの名盤『...So We Ate Them Whole』のラスト曲になります。アルバム全体を通してイギリスの名プロデューサーであるChemoがプロデュースしており、ほぼ全編を通して冷ややかな楽曲が続きます。

 そこで最後の最後にこの暖かなビートで締められるカタルシスといったらない!んですが、内容はバクスターお得のグロテスクな世界観が爆発する散文的な内容となっております。別に涙を誘うようなものはなく、だいたい脈絡のないトリップ描写なので真面目に追うだけ無駄です。あしからず!

 「翻訳練習」のとおり、誤訳だらけで内容の保証はできませんが...どうぞ!

 

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

[Intro]
Where are we?
ここはどこ?

 

My master the Magician in Black will see you now
私の主人、黒の魔術師が今にお目見えしますよ...

 

[Verse1]
In a café built high atop the edge of all morning
午前終わりの崖頂上高くに建てられたカフェで
Cream uncoiling in the coffee she's pouring
彼女の注ぐクリームがコーヒーにほどけていく
Aromatic mine ground down to the granules
封じ込められた香りが粒状にすり潰される
Pebble dashed face like a cruel child's drawing
残酷な子供ののように無機質な表情

 

The same preamble
同じ前口上
The old exit sign that glows green almost seems supernatural
緑に光る出口標識はほとんど超自然的に思える
The phone rings she presses cancel
電話がなり、彼女がキャンセルを押す
And sinks back tied to an anchor entangled
そして絡まった錨に背を沈めて縛られた——

 

Unless her dream steam rolls from stage fright
舞台恐怖症で"彼女の幻覚"が潰れない限り、
Then he ain't gonna' fill the chair opposite and seem real
彼は向かいの席に座るつもりはないし、それは現実だと見える
Fate he sealed by the same logic
必然だ——彼が要求した
That says "burn this whole place down for a free meal"
"タダ飯のためにこの場を焼き尽くさないか"と同じロジックの

 

Unless time pays for seven year ransom
身代金の7年を支払わなければ、
Disease ain't gonna spare one dead relative
疾患は死の親戚を見逃してくれない
In that case the rums still on offer next door
その場合、ラム酒はずっと隣に供される
A discounted flush for a handful of sedatives
——じゅうぶんな酔いの鎮静を差し引いて

 

With a facial expression that could paint a whole dead flooded city on the back of any retina in two seconds
二秒で滅びた冠水都市を網膜の後ろに描ける表情で
Lips like a novel that's barely worth reading
唇は読む価値のない小説、
Eyes like abused tenants
目は虐められた借り暮らしのよう

 

Oil covered seagulls rife in the squelch of quick muttered pleasantry
油塗れのカモメが早口の冗談にぴちゃぴちゃ音を立てる
The view outside was that long smashed down farm
外に見える景色は打ち壊された広大な農場だった
Buried in a year seven science class memory
——7年生の科学の授業に埋もれた記憶
I smiled
俺は笑みを浮かべた

 

She looked up once
彼女は一度顔を上げ、
And mouthed the words "FUCK YOU" with all sincerity
そして「くたばれ」という言葉を口にした——嘘偽りなく

 

[bridge]
My master the Magician in Black will see you now
私の主人、黒の魔術師が今にお目見えしますよ...

 

[Verse2]
I guess he didn't see the menagerie of animals
彼は動物園を見なかったと俺は推測する
Flapping in the strobe light cover to the left
ストロボライトのカバーがへと点灯する
Or the tentacles creeping from the apron of the waitress
あるいはウェイトレスのエプロンから忍び寄る触手か
Dipped in the grease tank, Strangling the chef
下水溝に浸した、シェフの首を絞めて

 

The tiny faced business man
小さい顔のビジネスマン
With a mug that demands every lost shred of laughter in the air
ぶらんの擦り切れた失笑を求めるマグカップ
With the mass like spit balls pasting his pale skin
彼の淡い肌に張り付いた唾の泡のような魂
Leaving the white moss glued to the chair
白い苔を剥がして椅子にこべり付ける

 

The child spewing acid in the sky like a lime green Las Vegas fountain
ラスベガスのライムグリーンの噴水のように空に酸を吹き出す子供
The moneys on red
賭け金は赤マス
The futures on black
未来は黒マス
Wheel spinning in reverse
ルーレットは逆回転し、
The house wins your scalp
カジノは戦利品を奪い、
Flies nest in the neck
には蠅が巣食っている

 

The frozen old man with the thick spittle waterfall drowning his eggs in saliva
凍てつく老人が分厚い唾液の滝にタマゴを溺死させては、
Salmon re-spawn in his mouth, bare swipe at the hatch stains
鮭が彼の口に再び現れ、歯垢が孵化して裸体を打ち付け、
He wipes at his jaw like its minor
彼は大したことなさげに口を拭き上げる

 

The wall behind crumbles
背後の壁が崩れる
A man within a Hi-Vis impales every hard hatted goon on his tusk
液晶に映る男がで目深帽の暴漢を串刺しにしていく
Leaving the city half built gaping up
街を半分のこして大地に裂け目を生み出す
As vines crush cranes at the first month of dusk
夕刻月初めのブドウ圧搾機のように

 

The creamy eyed sloth with loose skin befitting of an oversized gimp mask
ゆるい皮膚にふさわしいオーバーサイズの拷問マスクを被った垂れ目のナマケモノ
Rabbit holes hidden in the fold of his brow
ウサギの穴は彼の眉間のひだに隠され繋がっている
Lead to a cave where his devils all swing dance
——彼の悪魔たちが社交ダンスを踊る洞窟へと


 I saw it all over breakfast
 俺はそれ全てを朝食ごしに目撃した
 Opposite that pug-faced empress
 向かいに座るパグ顔の皇后
 Sour little foul-mouthed temptress
 窄めた口でかどわかす淫らな妖婦
 I paid up and walked out restless
 俺は会計を済ませ、落ち着きなく店を出た——

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -