韻とアイデアほか

日本語の押韻などに関する走り書きetc...

【翻訳練習】Aesop Rock - None Shall Pass

f:id:Tachibuana:20200220120722p:plain

Aesop Rock - None Shall Pass

 ※今回の記事は某氏のブログに掲載した対訳にちょいと手を加えたものになります。原文にあったコラムのような駄文はカットさせていただきました。だって恥ずかしい!

 

 て今回はアメリカの00年代アングラ全盛期、その筆頭として名を馳せていたMCであり、英語圏でもっともボキャブラリーに富んだラッパーであるAesop Rockの代表曲『None Shall Pass』の対訳になります。前述の通り数年前に書いたものを引用しております。稚拙さという点であまり現在と変化はない模様...

 

 Aesop Rockはその語彙を暴力的なまでに乱用した難解なリリックで知られていて、つい最近リリースした回顧録的アルバム『Impossible Kid』を除けば、わかりやすい曲は皆無といって良いです。

 翻訳初心者がなぜこんなラッパーを選んだかといえば、それはその元々の難解さによって翻訳の粗が隠れるかな、などとゲスなアイデアが浮かんだからでもあります(爆)精度の正確さなど知ったことではない。

 

 というわけでこの翻訳に関してもよほど信頼の置けるものとはとても言えませんが、参考までに、はたまた時間つぶしなどにどうぞ...ちなみにタイトル『None Shall Pass』の由来はロードオブザリングのガンダルフの台詞ともモンティパイソンの低予算映画とも言われております。どっちかは知らん。

 

 

 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


[verse1]
Flash that buttery gold, jittery zeitgeist
バターのような黄金を輝かせろ、過敏な風潮
Wither by the watering hole, Water patrol
飲み屋で枯れるがいい、水上警備隊
What are we to Heart Huckabee
何が俺たちハッカビーズにさせるのか
Art fuckery suddenly
芸術は唐突に馬鹿げはじめ
Not enough young in his lung for the water wings
彼の両肺の浮き輪はもう十分に若くはない

 

Colorfully vulgar poacher out of mulch
低俗な迷彩の侵入者が腐葉土を飛び出す
Like “I’m a pull the pulse out a soldier and bolt
まるで『俺はパルス出力された兵であり電撃だ』とでも言うように

(Fine)
(結構)

 

Sign of the time we elapsed
俺たちの通過してきた時間のあらわれだ――
When a primate climb up the spine and attach
――霊長類が背骨とアタッチを這い上がってくる、その時の

 

Eye for an eye”, by the bog's life swamps and vines
『目には目を』、湿地生活の沼とブドウいわく
They get a rise out of frogs and flies
彼らは『蛙と蝿の飛躍』をしていく
So when a dog fights hog-tied prize sort of costs a life
だからドッグファイトの膠着を競って生活を犠牲にするとき
The mouths water on a fork and knife
フォークとナイフには唾がべっとり付いている

 

And the allure isn't right
そして魅惑は正しくなく
No score on a war-torn beach
荒廃したビーチにスコアはない
Where the cash cows actually beef?
金持ちの牛たち(ドル箱)はどこで実際のビーフをやるのか?
Blood turns wine when I leak for police
血はワインに返る、警察にリークするなら
Like “That's not a riot, it's a feast, let's eat!”
こんな具合に…『こいつは暴動じゃない、ご馳走だ、いただこう!』

 

[hook]
And I will remember your name and face
そして俺はアンタの名前と顔を記憶するだろう
On the day you were judged by the funhouse cast
その日、幽霊屋敷の面々に審判されたのさ
And I will rejoice in your fall from grace
そしてアンタの『猶予後の秋』に俺は喜ぶのだろう
With a cane to the sky, like
杖を空にかかげ、様は
None shall pass
通しはしない


[verse2]
Now if you never had a day a snow cone couldn't fix
今アンタにかき氷のカップ(ヘロイン)を抑えられなかった日がないのなら
You wouldn't relate to the rouge vocoder blitz
アンタはギャングスタボコーダー使いと仲良くすることはないだろう
How he spoke through a no-doz, motor on the fritz
中毒抑止剤なしに彼はどう喋ったのか、モーターは故障した
Cause he wouldn't play rollover, fetch, like a bitch
だってビッチみたく連れ込み、寝転がりはしないだろうから

 

And express no regrets,
そして後悔を顔にせず、
Though he isn't worth the homeowners piss,
しかし彼には大家のションベンほどの価値もなく、
To the jokers who pose by the glitz
きら星を気取るピエロへと……

 

(Fine)
(結構)

 

Sign of the swine and the swarm
豚と群衆のあらわれだ――
When a king is a whore who comply and conform
――王が順応従順な売女である、その時の

 

Miles outside of the eye of the storm
台風の目の1マイル外側で、
With a siphon to lure out a prize and award
サイフォンで吸い上げられた賞とアワードを共にして、
While avoiding the vile and bizarre, that is violence and war
同時に下劣さと奇怪さを避けて通る――それはすさまじく、そして戦争的
True blue triumph is more. Like…
『忠実な勝利はより豊かだ。まるで…』

 

Wait, let it snake up out a the centerfold
待て、袋綴じをうねり上がってみせろ
Let it break the walls of Jericho. Ready? Go!
ジェリコの壁を打ち破ってみせろ、準備は?行こう!
Sat where the old cardboard city folks
腰をおろせ、古びたダンボー街の家主として
Swap tails with heads like every other penny throw
結末と序章を取り替えるんだ、他すべての小銭を投げ捨てるように…

 

[hook]
And I will remember your name and face
そして俺はアンタの名前と顔を記憶するだろう
On the day you were judged by the funhouse cast
その日、幽霊屋敷の面々に審判されたのさ
And I will rejoice in your fall from grace
そしてアンタの『恵みの秋』に俺は喜ぶのだろう
With a cane to the sky, like
杖を空にかかげ、様は
None shall pass
通しはしない


[verse3]
Okay, woke to a grocery list
オーケー、お使いメモに目が覚めたよ
Goes like this: duty and death
こうつづいてる : 義務と死亡
Anyone object, come stand in the way
誰もが反抗し、方法に戸惑うのさ
You can be my little Snake River Canyon today
アンタは今日、俺のちょっとしたスネーク・リバー・キャニオンになれる

 

And I ran with a chain of commands
そして俺はコマンド入力とともに飛び回って、
And a jetpack strapped where the backstab lands if it can
そして、もし飛べるなら悪意のにジェットパックはすっからかんだ

 

(Fine)
(結構)

 

Sign of the vibe in the crowd
雑踏の波にいる感覚のあらわれだ――
When I cut a belly open to find what climb out
――腹を切り開き、やりきるとは何なのかを探す、その時の

 

What a bit of gusto he muster up
わずかでも何が嬉しくて彼は奮い立つのか
Make a dark horse rush like enough's enough
もうたくさんという程に穴馬の殺到を生みだして
It must’ve struck a nerve so they huff and puff
ゆえ彼らは息を切らせ、神経を痛めたに違いない
Till all the king's men fluster and clusterfuck
すべての王者があえぎ、皆殺しになるまで

 

And it's a beautiful thing
そして、それは素晴らしいことだ
To my people who keep an impressive wingspan
見惚れる翼を広げつづける人たちへ
Even when the cubicle shrink
いかに個室が狭くなろうとも
You gotta pull up the intruder by the root of the weed
アンタは邪魔するやつの草の根まで引っこ抜かなきゃならない
And watch you through the machine
そして機械を通してアンタを審査する…

 

[hook]
And I will remember your name and face
そして俺はアンタの名前と顔を記憶するだろう
On the day you were judged by the funhouse cast
その日、幽霊屋敷の面々に審判されたのさ
And I will rejoice in your fall from grace
そしてアンタの『恵みの秋』に俺は喜ぶのだろう
With a cane to the sky, like
杖を空にかかげ、様は
None shall pass
通しはしない