韻とアイデアほか

日本語の押韻などに関する走り書きetc...

【翻訳練習】Lee Scott - Eight O'Clock In The Morning

f:id:Tachibuana:20200307132022p:plain

Lee Scott - Eight O'Clock In The Morning

 

 本主義批判といえばアングラMCの得意分野ともいえる題材ですが、このLee Scottの一曲『Eight O'Clock In The Morning』はそこにSFと詩情、気の利いた押韻を加えた意欲作です。

 

 タイトルの"朝の八時"ですが、これはただ単に時刻を指しているわけではなく、Ray Nelsonの有名なSF短編『Eight O'Clock In The Morning』を引用しているもので、さらにリリックもその内容を下敷きにして書かれております。

 この原作はかの陰謀論爬虫類人レプティリアン)が人類を支配している!」の諸悪の根源的小説だったりします。以下にあらすじを適当に...

 

 催眠術師の合図で目を覚ましたジョージは、劇場の観衆内に"爬虫類のような緑の肌と黄色の複眼"を持った人間がいることに気付く。彼らはFascinators(魅惑的人間/広告塔)であり、彼らの指示、コマンドで他のあらゆる人間がコントロールされていることを瞬時に把握した。

 『8時間働き、8時間遊び、8時間寝ろ』と実は書かれていたポスター、『チャンネルはそのまま』と人々にコマンドを与えていたTVなどを回避した彼は、突然鳴った電話を取り上げてしまう。相手はFascinatorで、ジョージは電話越しに「自分は老人で、明日の朝八時に心臓発作で死ぬ」とコマンドされてしまう。

 その後、他の人間を目覚めさせようとし、彼女の説得に失敗、訪問者のFascinatorを殺害した彼は、行く先行く先で次々に彼らを殺害、バーに入り込む。するとそこに流れるTVを見て、洗脳が自分に影響しなくなり、それを習得できることに気づいた。彼は公衆電話に入り、自分に電話したFascinator、警察署長にかける。「俺は人々を目覚めさせる方法をみつけたぞ」「なんだって?お前いまどこにいる!?」

 夜明け、殺害道中に手にした毒矢銃を使いこなしながら街最大のテレビスタジオに乗り込んだ彼は広告塔を殺害し、カメラに向かってFascinatorを模倣し叫ぶ。「目を覚ませ、ありのままの俺たちを見ろ、そして殺せ!」

 その朝、街が聞いたのはジョージの声であり、Fascinatorの声だった。街は初めてそこで目を覚まし、戦争が始まった。

 

 しかしジョージ本人は最終的に手にした勝利を見ることなく、心臓発作によって死んだのだった。まさにその朝八時に。

 

 ちなみにこの原作を材料のひとつとして作られた映画『They Live』のポスターは、USアングラヒップホップの名作、Cage『Movie For The Blind』のジャケットの元ネタだったりします。

 

f:id:Tachibuana:20200307143643p:plain

ほれ、このように

 ここまで書けば後の細かい説明は不要でしょう。そんでは彼のカルト教祖的な振る舞いとデリシャスな押韻技巧をお楽しみくだされ...

 

 

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - ◆ - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


[Bridge]
Chop, chop, dig, dig
切って、切って、掘って、掘って
Chop, chop, dig, dig
切って、切って、掘って、掘って...

 

[Verse1]
Big dogs order chaos, close the curtains and dine
デカい犬どもが混沌をオーダーし、カーテンを閉めて食事をする
And it’s fine but saving the world is a crime
そいつは結構なことだが、世界を守ることは犯罪だぜ
While sinners circle the shrine
——罪人が神社をひと巡りし、
And the tin army keep the wooden workers in line
鉛の兵隊が木製の労働者を整列させてる間はな

 

Chop chop, dig dig, until there’s nothing left
切って切って、掘って掘る、残りがなくなるまで
Knock knock, who’s there? Probably death
コンコン、誰が居る? おそらく死だな
Found a sense of humor and lost your breath
ユーモアのセンスを見つけてお前は息を引き取る
Laughing then, back in ten, worry not, practice zen
笑ったあと、10で我に返り、"ご心配なく"、禅を練習する

 

While screaming "fuck the cops"
——"くたばれ警察"と叫びながら
The only advice I’ve got is live and stay positive
俺がした唯一のアドバイスは生きて、前向きで居続けろってことだ
But keep the receipts for any props you give
でもお前の与える"支え"に領収書を付けること
Until the witch hunt's heading to where them corporate bosses live
魔女狩りがお前のボスの住居へ首刈りに行くまではな

 

Political agitator getting stoned like the Sabbath breaker
政治扇動者がハイになる、安息日の違反者のように
Money is the root of all evil
金は全ての悪の根源だ
And I see the Fascinators in call people
そして人々と呼ばれるものの中にFascinatorsが居ると俺は知っている

 

What did the postmortem say?
検死解剖がなんてったか?
They switched him off cause he awoke all the way
奴らは"ずっと目が覚めていた"という理由で彼のスイッチをオフにしたのさ
Don’t answer any phone calls today
今日どの電話の呼び出しにも出るな
Before it’s eight o’clock in the morning, pray
朝の8時になる前に、祈りな

 


[Hook]
We make it past eight o’clock in the morning, pray
俺たちは朝の8時を過去にする、祈れ
We make it past eight o’clock in the morning, pray
俺たちは朝の8時を過去にする、祈れ
I make it past eight o’clock in the morning, pray
俺は朝の8時を過去にする、祈れ
They are the predator, you’re the prey
奴らはプレデターだ、お前は祈れ

 


[Verse 2]
It’s a still summers day, but it sounds like autumn
それはまだ夏の日、だがのように聞こえる
When I’m walking on the remains of memory lane
俺が記憶の線路跡地歩いている
Like dry leaves that crunch beneath me feet
まるで足元でバリバリと枯葉が——
But when I look it’s just the concrete cooking in the heat
——だが俺が見やると、そいつはただの熱に焼かれたコンクリート

 

On a long and lonely street, without a soul to greet
長く寂しい路上を、挨拶する魂を欠いて
Or a dog to show its teeth
あるいは"こいつは歯だぜ"と見せる犬か
I think aloud and address a none existent crowd and talk frank
俺は声を出して考え、存在しない群衆に向けて、率直に話す
And prior to this moment, it’s all blank
そしてこれより優先する事項、そいつは全て空白

 

And these empty thoughts are intricate
そしてこの空っぽの思考は入り組んでる
You can see the air forcing itself around you as you’re walking into it
そこに入りこむ程に空気が周りに膨張してるのがお前には分かる
Feel it tingling from your toes to your fingertips
指先からつま先までチクチクするのを感じろ
Only in death will you understand what existence is
死でのみ、お前は理解するだろう——存在とは何なのか

 

But between me and you, it life is like
だが俺とお前の間で、その人生はまるで
Flickering lights in the rear view
バックミラーの点滅する光だ
An incessant need for new
絶え間ない新たな需要
A constant redrafting of the morals we adhere too
——繰り返すモラルの改正に俺たちも固執するのさ

 

Then one day you’ll awake in the same place
その後、ある日お前は同じ場所目を覚ます
No one around, no trace of life
誰も周りにいないし、人生の痕跡もない
That isn’t past tense to grace your sight
こいつはお前の見解を優美にする過去の続きじゃない
And with the click of your fingers day is night
そしてお前の指ひとつ弾けば昼は夜になる

 

Switch the full spectrum on and off as you please
お前が願うようにあらゆる方面でスイッチを切り替えな
No Gods to drop to your knees too
お前に跪く神も居ないんだ

 

[Bridge]
Chop, chop, dig, dig
切って、切って、掘って、掘って
Chop, chop, dig, dig
切って、切って、掘って、掘って...

 


[Hook]
Pray
祈れ
We make it past eight o’clock in the morning, pray
俺たちは朝の8時を過去にする、祈れ
We make it past eight o’clock in the morning, pray
俺たちは朝の8時を過去にする、祈れ
I make it past eight o’clock in the morning, pray
俺は朝の8時を過去にする、祈れ
They are the predator, you’re the prey
奴らはプレデターだ、お前は祈れ

 


Chop, chop, dig, dig
切って、切って、掘って、掘って
Chop, chop, dig, dig
切って、切って、掘って、掘って...