韻とアイデアほか

日本語の押韻などに関する走り書きetc...

【翻訳練習】Madvillain - Rhinestone Cowboy

f:id:Tachibuana:20200316133258p:plain

Madvillain - Rhinestone Cowboy

 

 名盤『Madvillainy』、珠玉の21曲をつらね、そのラストを飾る曲は...なんとアルバムのリークに対する復讐劇でした!

 

 実はこの名盤がリリースされる一年前、なんと何者かが彼らのデモテープを盗み、黎明期のインターネット上に音源を流出させたそうです...ペンの太字で背面にトラックリストが書かれたテープケースの画像とともに。事件はDOOMMadlib、そしてStones Throwを落胆させました。

 その実際のデモデータがYou Tubeに載ってたので以下に貼っておきます。

 

 

 大きく違うのは4曲目のFigaroのデモ音源から。まずDOOMのラップのトーンがオフィシャルのものと全く違う、声の高いフロウになってます。そして例の"Figaro,Figaro"以降のバースが存在しないのです。実はその部分はリーク音源との違いを生むために書き足されたものだったんですね。

 このような具合に、リークされた音源は大部分で修正や加筆がされており、想定されていた曲順も大きく変更されているのが確認できます。『Fancy Clown』のアウトロでDOOMとViktor Vaughnが喧嘩しているくだりが挿入されてるのが面白い。曲順も『All Caps』が最後に配置されてる辺り、このタイトルはやはり"完了"を意味していたんだなとわかります。

 

 このテープにはどうやら『Raid』『Curls』『Accordion』などが収録されてない様子なのですが、もしリーク事件が無かったらこの名曲たちが存在してなかったと思うと、何やら運命やドラマを感じずにはいられません。

 

 といった感じで、このアルバムは大団円を迎えることになります...最後までお付き合い頂きありがとうございました。これにてMadvillainy完訳シリーズ、完結です。

 

 

 


[Intro: Sample]
"Great stuff"
素晴らしい作品だ
"Yeah, this is— this is good"
ええ、これは——これはいいわ
"Great stuff"
素晴らしい作品だ
"Ahh, Oh yeah"
ああ...Oh yeah

 


[Verse 1: MF DOOM]
Hold the cold one like he hold a old gun
冷たいヤツを握れ、彼が古い銃を携えるように
Like he hold the microphone and stole the show for fun
彼がマイクを握って愉楽でショーを持ってったように
Or a foe for ransom, flows is handsome
あるいは身代金の仇か、フロウはハンサム
O's in tandem, Anthem, Random, Tantrum
マッドリブが後ろに乗る、アンセムさ——でたらめな、駄々こねな(A.R.T./芸術)

 

Phantom of the Grand Ole Opry ask the dumb hottie
グランド・オール・オプリ(カントリー音楽のラジオ)の怪人が可愛こちゃんに頼む
Masked pump shotty, somebody stop me
マスクしたポンプショットガンだ、誰か俺を止めてくれ
Hardly come sloppy on a retarded hard copy
知恵遅れのハードコピーで出た雑な仕事じゃ断じてないぜ
After rockin' parties he departed in a jalopy
パーティをロックした後、ボロ車で彼は出発した

 

Watch the droptop papi
パパ見てよ、このオープンカー
Known as the grimy limey, slimy— try me blimey 
汚れた水兵と名高いこいつを、ぬるぬるだ——言ってみせてよ"驚いた"と
Simply smashing in a fashion that's timely
イムリーな流行の中での単純な破壊
Madvillain dashing in a beat rhyme crime spree
Madvillainはビートとライムの連続犯の中でも洒落てるぜ

 

We rock the house like rock 'n roll
俺らはロックンロールみたく家屋をロックする
Got more soul than a sock with a hole
靴下の穴より多くの魂を費やしたぜ
Set the stage with a goal
ゴールの御膳立てをしろ
To have the game locked in a cage getting shocked with a pole
牢に閉じ込められて電極線でショックを与えられるゲームのためにさ

 

Overthrow 'em like throwing Rover a biscuit
転覆するぜ、肌色の船団(Roverのビスケット)を投げ飛ばすみたく
A lot of bitches think he's overly chauvinistic
多くのビッチは考える、彼は排他主義が過ぎる
Let go his dick if that's the case
もしそう思うなら彼のディックに乗りな
Rats, what a waste
告発者(ネズミ)どもが、なんて浪費だよ
It's more cats to chase
こいつは追い詰める用の猫の群れ

 

Dogs, he got it like new powers
友人たちよ、彼は新能力みたくそいつをやったぜ
Woke up, wrote and spit the shit in a few hours
起き上がって、書いて、クソをスピットしたのさ——わずかな時間で
Sheesh! Been unleashed since the glee club
シーッ!KMDの頃から探させていたんだ
Had your fam saying, "Please make me a dub"
お前のファミリーに言わせたぜ "ダビングさせてください"ってな

 

Well, since you ask kindly
そうだな、お前が親切に尋ねてからだ
Where he been behind the mask, who can't find me?
"マスクの後ろの彼はどこに居たの" 誰が俺を見つけられないんだ?
You're blind in the wine zone
お前はワイン倉庫で目暗なんだよ
Leave your mind blown When he shine with the 9
衝撃にぶっ飛べ、彼が銃を持って戸を開け(光が差し)たら
he's a rhinestone...
彼は光り輝く...
Cowboy
カウボーイだ

 


[Interlude: MF DOOM]
No no no no enough
いやいやいや、これでお終いじゃない

 


[Verse 2: MF DOOM]
Goony goo goo, loony cuckoo like Gary Gnu off New Zoo Revue
グーニーグーグー、まるでNew Zoo Revueに出たGary Gnuのような狂人の気狂い
But who knew the mask had a loose screw?
でも誰が知ってたか——マスクは少々頭がおかしいと?
Hell, could hardly tell
ちくしょうほとんど語れない
Had to tighten it up like the Drells and Archie Bell
Achie Bell & Drellsのように引き締めなきゃならなかったと

 

It speaks well of the hyper base
それは過度なベースをよく物語ってる
Wasn't even tweaked and it leaked into cyberspace
——微調整すらされずにサイバー空間にリークされた代物さ
Couldn't wait for the snipes to place
風穴をあけるのが待ちきれなかった
At least a track list in bold print typeface
何はともあれ太字書体のトラックリストだよ

 

Stopped for a year
一年間止まった
Come back with thumb tacks, pop full of beer
親指で刺して、泡一杯のビールと帰ってくる
We're hip hop sharecroppers
俺たちはヒップホップの小作人
Used to wear flip flops, now rare gear coppers
サンダルを履いたもんだった今ではレアな物品の収集家だ

 

He's in it for the quiche
彼はキッシュ(パイ料理)のためにその中に居る
You might as well not ask him for no free shit, capiche?
お前は無料配布が駄目か彼に尋ねない方がいいかもな、分かったか?
Oh my aching hands
おお俺の手よ——
From raking in grands and breaking in mic stands
——金をかき集め、マイクスタンドを使い慣らして痛んだ手よ

 

Villain——his smile stuns ya chick
悪党——彼の笑顔はお前の女を気絶させる
While he put himself in your shoes
お前の靴を彼が履くまでは
Run ya kicks
靴を走らせな
You heard it on the radio——tape it
お前はこいつをラジオで聴いたろ——テープ録音しな
Play it in your stereo, your crew'll go apeshit
ステレオでかけろ、お前のクルーは正気を失うだろうな

 

Raw lyrics——he smells 'em like a hunch
生のリリック——彼は予感のような匂いを嗅ぐ
The same intuition that tells him "spike the punch"
彼に"切符を切れ"と語りかけるのと同じ直感だ
Curses, he's truly the worsest
呪縛さ、彼は真に最低な奴だぜ
With enough rhymes to spread throughout the boundless universes
無限の宇宙を果てまで広げるに十分な韻を持ってる

 

Let the beat blast, she told him wear the mask
ビートをぶっ放そう、彼女が喋りかける "マスクを付けて"
He said you bet your sweet ass
彼は言った"お前は可愛いケツに望みを託しな"
It's made of fine chrome alloy
そいつは上質なクロム合金で作られた
Find him on the grind, he's the rhinestone cowboy
"グラインド"してる彼を探しな、彼は光り輝くカウボーイだ

 


[Outro]
Sometimes they were comedic—— or relentlessly horrifying
あるとき彼らは喜劇的、あるいは容赦ないほど恐ろしい
They were the foes of society
彼らは社会の敵でした
whether fighting the local sheriff
戦っているのであろうとなかろうとです、地方の保安官や
or a secret agent
——機密のエージェントと


Frequently they mirrored our times
しばしば彼らは我々の時代を反映しています
the gangster villains
ギャングスタの悪党たち
which rival real newspaper headlines of the present day
——現代の一流紙の一面にふさわしい男達
Collectively, they are the components
ひとまとめにすれば、彼らは構成要素だ——
Which fueled nightmares for decades to come
——今後数十年にわたって誘発される、悪夢の数々の

 

Madvillains