韻とアイデアほか

7割は合ってる / 誤訳の指摘は24時間お待ちしとります

翻訳練習

【円盤完訳】Roc Marciano - Reloaded

Roc Marciano - Reloaded NYはロングアイランド、ヘンプステッド出身、10年代のラップの基礎を築いたともいえる東海岸アングラの悪党Roc Marciano。耳の早い人なら彼の楽曲の格好良さはよく知っているかと思われますが、その中身がどんなものだったか把握し…

【翻訳練習】Roc Marciano - Sweet Nothings

Roc Marciano - Sweet Nothings ※ 21/07/16 "It's nothing~"の箇所を訂正しました 最後の最後、16曲目! アルバムを締めるのはちょっとほろ苦いこんなチューンです。"Sweet Nothings"、甘い空虚という意味ですが... 後日追加収録された"Two Zips"同様、この…

【翻訳練習】Roc Marciano - The Man

Roc Marciano - The Man アルバムもカーテンコールの時間ということで、15曲目 "The Man"は大団円的なムードのなか、ゆったり微笑ましいライムが紡がれてゆきます。 ここまで過激な世界を描き続けただけあって、ポン引きとして従えている娼婦たちと、ダチた…

【翻訳練習】Roc Marciano - Emeralds

Roc Marciano - Emeralds 多面的、一級品、"緑"一色...彼のラップはまさしくエメラルドですね! アルバム架橋の14曲目"Emeralds"は、まさにクライマックスに相応しい一品に仕上がっております。 総括的ですね。ポン引き、殺し、カルティエの眼鏡、そして彼の…

【翻訳練習】Roc Marciano - Nine Spray feat. Ka

Roc Marciano - Nine Spray 落ち着いたムードから一転、冷酷な冬風を抱えた盟友Kaを引き連れ、辺りはピリッとした空気に包まれます。13曲目の"Nine Spray"では言葉の遊びを控えめに、猟奇描写に徹している彼が拝めます。ちょっとはあるけども。 こう二人を並…

【翻訳練習】Roc Marciano - Thread Count

Roc Marciano - Thread Count ナンバー13! 前曲に引き続き、散漫としたライムが束ねられとりますが、一応この無秩序にもアウトロでちょっとしたオチ(意図)が付けられます。 3バース目の二重表現が秀逸ですね。特に墓石のくだりなんかは常人の発想じゃねえ…

【翻訳練習】Roc Marciano - Peru

Roc Marciano - Peru さてさて11曲目"Peru"ですが...これはアウトロが全て物語ってる気がするので解説はなしです。

【翻訳練習】Roc Marciano - 20 Guns

Roc Marciano - 20 Guns 題名"20 Guns"(20丁の銃)が意図するところは不明ですが、10曲目にあたる本曲は、ポン引きとして女をかき集め、男どもから手あたりしだい寝取る彼に焦点が当てられます。殺人と並行するいつもの言葉遊びはいったん控えに。 この曲が…

【翻訳練習】Roc Marciano - Death Parade

Roc Marciano - Death Parade 死の行進という題だけで残忍な感じが予想されますが、このビート! エグエグですわ。これでセルフプロデュースって言うんですから、神は二物を与えうるんだなァと思わされる次第ですよ。 9曲目の"Death Parade"はこれまでの総括…

【翻訳練習】Roc Marciano - Deeper

Roc Marciano - Deeper ライムは深え...との本人の言を証明すべく、押韻のさらに奥、深淵へと潜っていきます。8曲目"Deeper"でMarciは卓越したダブルミーニング技術をこれでもかとぶち込んできます。盤中で一番多いんじゃないですかね。 二重表現のほうはと…

【翻訳練習】Roc Marciano - We Ill

Roc Marciano - We Ill じゃんじゃかやっていきましょう。7曲目、"We Ill"でRoc Marcianoはポン引きとしての生活をラップします。それ以上でもそれ以下でもない...と見せかけ、やはりそこはMarci、女の斡旋と同時進行で、人殺しを遂行しております。巧み/匠…

【翻訳練習】Roc Marciano - 76

Roc Marciano - 76 6曲目。これはNYクイーンの伝説NasがPeter Bittenbenderなる人物と立ち上げたレーベル「Mass Appeal Records」でシングルとしてMV配信されたのでご存じの方も多いでしょう。12年、メジャーが808のスネアに傾倒するなか、フィルム処理され…

【翻訳練習】Roc Marciano - Two Zips

Roc Marciano - Two Zips アルバム5曲目。本曲"Two Zips"は、2020年に『Reloaded』が再配信された際に収録された曲です。「2つのジップ」というのは大きなカバンとかによく付いてるやつですね。 おそらくは労働で身を粉にしている旧友に向けて書かれたもので…

【翻訳練習】Roc Marciano - Pistolier

Roc Marciano - Pistolier 路上といえば犯罪行為、犯罪行為といえばファック・ダ・ポリス、というノリで、4曲目"Pistolier"は警察批判から始まります。"から始まります" というのはどういう意味かというと...この曲は実際のところ、警察批判なんかではなく女…

【翻訳練習】Roc Marciano - Not Told feat. Knowledge the Pirate, Ka

Roc Marciano - Not Told さてさて3曲目ということで、このアルバムの本筋はなんなのかということが語られます。"Not Told"、語られないという意味ですが、彼がここで意図しているのはギャングスタ/ピンプの裏稼業のことでもあり、直前の曲"Flash Gordon"で…

【円盤完訳】Dirty Dike - Constant Dikestar

Dirty Dike - Constant Dikestar 英国の誇る最悪のMCを言ってみろォ! ミスター・ファッキン・ダイク・ファッキン・スターだァ!!! というわけで円盤完訳シリーズから、Dirty Dike先生のご登場となります。盛大な拍手をッッ 彼の登場は英国シーンにとって…

【翻訳練習】Dirty Dike - Never Seen a Reason

Dirty Dike - Never Seen a Reason さて残すはこの曲と最後のポッセカットになるんですが、諸事情でポッセカットの翻訳はカットさせていただきます(ズーン)。つまりこれが完訳の最後の曲になります! あしからず... 彼の盤最後のソロ曲は自分の話を離れ、…

【翻訳練習】Dirty Dike - Pork Pie

Dirty Dike - Pork Pie この曲が出た時の衝撃は一生忘れられない...自分がライミングによりいっそう関心を持つきっかけになったのは確実にこの曲のせいですね。 安いハンドカメラ片手に録り、いかにも10年代初頭らしいインディ全開のMVとともに供されたこのD…

【翻訳練習】Dirty Dike - Full Colour Dreams

Dirty Dike - Full Colour Dreams スキットですね。ここで紹介するのは自力で聞き取ったものなので正確性に乏しいですがご容赦を。7割くらいは合ってます。7割くらいは。

【翻訳練習】Dirty Dike - Average Wank Fam feat. Mr Key

Dirty Dike - Average Wank Fam 人間、疲れすぎたり人生に迷ったりすると、時としてしょうもないものに感動してしまったりしますよね。なんならその後の人生を左右されてしまったり。この曲は、中退して途方に暮れてた自分にとって最高のサウンドトラックで…

【円盤完訳】Holocaust - The Signs of Hells Winter

Holocaust - The Signs of Hells Winter Wu-Tang傘下の中でも有数のおどろおどろしい声、狂気じみたオフビートのフロー、多数の史実引用などで際立つMC、Holocaust。そんな彼が黙示録的SFで残虐の限りを尽くすのが本作、『The Signs of Hells Winter』です。…

【翻訳練習】Holocaust - Zapatero

Holocaust - Zapatero という訳で彼は地球を滅亡させるわけです。舞台は過去から現在の地球へもどり、殺戮の限りを尽くすめでたしめでたし(?)なエピローグに着陸します。11曲目"Zapatero(スペイン語で靴職人)"でもって、今度こそアルバム『The Signs of…

【翻訳練習】Holocaust - Ghost

Holocaust - Ghost 地の果て、いや空の果てまで追い詰めてでも殺す!!! ということで、ついに復讐の時がやってきました。Holocaust作『The Signs of Hells Winter』のクライマックスたる10曲目、"Ghost"です。 死んでいったものたちとしての幽霊、歴史に付…

【翻訳練習】Holocaust - Specter

Holocaust - Specter 攻撃的なビートの多いアルバムの中じゃ、ずいぶん内省的なムードをまとってるのではないでしょうか。アルバムもクライマックス目前と来て、悪役たるホロコーストさんの吐露は深まっていきます。 9曲目"Specter"は前曲につづき、バトルラ…

【翻訳練習】Holocaust - A Love I Never Known

Holocaust - A Love I Never Known はたしてなぜこの男は殺戮を繰り返すのでしょうか。なんかめっちゃ楽しそうに地球を滅亡に追いやってはいるけれど...ということで少年コミックよろしく、アルバムはコマの外を黒ベタで塗りたくり、過去編へと移っていきま…

【翻訳練習】Holocaust - An Old Draw Bridge

Holocaust - An Old Draw Bridge 節操のないゲーマーなら"タワーディフェンス"というジャンルをご存知でしょう。自分の築いた領地に敵が攻め込んできて、あの手この手で防衛するというものですね。うっかり手を出すと時間と人生が溶ける、オタクとライトゲー…

【翻訳練習】Holocaust - From L.A. to N.Y.

Holocaust - From L.A. to N.Y. さながら船の墓場といった美術ですね。神々しいホロコースト氏にちょっと笑ってしまいますが、今回は船と海がテーマの曲です。 6曲目にあたる『From LA to NY』は、奴隷船がミドル・パッセージによって到着したアメリカ東海岸…

【翻訳練習】Holocaust - A Fine Grave Yard

Holocaust - A Fine Grave Yard エルダー・スクロールシリーズの傑作『Skyrim』にネクロマンサーという怪しげな職がありましたが、ホロコーストがここで見せるラップはまさにそれです。 アルバム5曲目の"A Fine Grave Yard"は彼の扮するキャラクター、ロボッ…

【翻訳練習】Holocaust - The Arts of War

Holocaust - The Arts of War アーツ・オブ・ウォー..."兵法"とは戦争ゲーの攻略本で、古いもので特に有名なのが"孫子の兵法"でしょう。詳しい解説はリンク先に任せますが、Holocaustの本曲はそれを踏まえ「入植者がいかに中国を翻弄し、されたか」を述べる…

【翻訳練習】Holocaust - You Shall Surely Die

Holocaust - You Shall Surely Die 疫病の世界的な蔓延――だなんて、まるで今日の世界のようではないですか。SFによく用いられる題材のひとつであるウィルスは、もはや私たちにとって普遍的存在と化してしまいましたね。 Holocaustのアルバム『The Signs of H…