韻とアイデアほか

7割は合ってる / 誤訳の指摘は24時間お待ちしとります

Buck 65

【円盤総括】Buck 65 - Talkin' Honky Blues

Buck 65 - Talkin' Honky Blues カナダのアンダーグラウンド、メジャー両方でヒップホップシーンに貢献した風変わりな男、Buck 65。そんな彼の代表作と目されているのが本アルバム『Talkin' Honky Blues』です。全編カントリーミュージック香るサンプルや生…

【翻訳練習】Buck 65 - Riverbed, Pt.7

Buck 65 - Riverbed, Pt.7 ああ少年、こんなことになるなんて... ラスト、"Riverbed, Pt.7"。その結末が何を意味するかは個々で考えていただくとして、はたしてこのアルバムがこのような構成になった理由はなんなのか、というのを最後に考えていきましょう。…

【翻訳練習】Buck 65 - Craftsmanship

Buck 65 - Craftsmanship 職人気質、たしかにBuck 65の作品からはソレを感じますね。セミファイナルの本曲"Craftsmanship"は、Buck 65が架空の"駅の靴磨き"となり、職人としての矜持を示してみせます。そしてそれを通した、音楽業界に対するやさぐれも。この…

【翻訳練習】Buck 65 - Tired Out

Buck 65 - Tired Out 変人物語もいよいよペンが置かれる時が近づいてきました。16曲目"Tired Out"はBuck 65が自身の浮気を打ち明けるところから始まります。ビートが素晴らしい出来で、人生に疲れ果てた人に寄り添うような、情感豊かな優しいメロディを紡い…

【翻訳練習】Buck 65 - Riverbed, Pt.6

Buck 65 - Riverbed, Pt.6 スキット"Killed by a Horse"をまたいで、再び川シリーズに戻りましょう。第6投は少年による短い変人観察ですが、ここではおそらく...決定的なことが表明されてますね。 どうやら少年は観察をしているだけであり、変人の行いそのも…

【翻訳練習】Buck 65 - Riverbed, Pt.5

Buck 65 - Riverbed, Pt.5 マセガキのラヴ・ポエムってやつです。推して知るべし。 ...というわけで川シリーズ第5話は、ハウスボートの中で元カノを思い出し悶々とする少年の話になります。何だか詩的な風を繕っていますが、"僕らはお互いの長さをナビゲート…

【翻訳練習】Buck 65 - 463

Buck 65 - 463 ミュージシャンとして生計を立てる以前、Buck 65は野球選手になることを夢見ていました。16歳のころ、ニューヨークヤンキースにスカウトされたこともあったそうです。しかし、その夢は最終的に肩の負傷によって閉ざされることになったとか。 …

【翻訳練習】Buck 65 - Riverbed, Pt.4

Buck 65 - Riverbed, Pt.4 川シリーズ第4幕。鬱になったのか、寒さをしのぐものがないのか、少年は動かずに死を悟ったように眠りにつきます。自殺未遂なのか若さゆえの希死念慮なのか。マセガキ特有のポエティックな表現で、その辺はぼやけておりますが。 こ…

【翻訳練習】Buck 65 - 50 Gallon Drum

Buck 65 - 50 Gallon Drum アルバムも中盤ですね。10曲目"50 Gallon Drum"はスキットで、Buck 65の趣味やビジョンがいかなるものかが、50ガロンのドラム缶を象徴として淡々と語られます。説明の必要もナシ。

【翻訳練習】Buck 65 - Riverbed, Pt.3

Buck 65 - Riverbed, Pt.3 川シリーズ、第3番。どうやら少年の近くには犯罪者の護送船のようなものが運航しており、川べりには浮浪者や失職者などがたむろしている様子です。ただし少年は加わることは少なく、もっぱら観察しているだけのようですが。 Buck 6…

【翻訳練習】Buck 65 - Roses and Bluejays

Buck 65 - Roses and Bluejays 直前の"Exes"までユーモアあふれる展開でしたが、この曲を境にアルバムに暗いトーンがのしかかることになります。8曲目"Roses and Bluejays"は、Buck 65に一番の影響を与えたであろう父親との死別を振り返るものとなっておりま…

【翻訳練習】Buck 65 - Exes

Buck 65 - Exes 話は戻ってBuck 65パートへ。7曲目"Exes"は彼の元カノについての回想です。どうやら曲者Buck 65を越える人物だったようですが... 変人描写に定評があるBuck 65の筆が、ここに来て冴えに冴えております。やたらとコミカルなんですが、それでも…

【翻訳練習】Buck 65 - Riverbed, Pt.2

Buck 65 - Riverbed, Pt.2 マセガキの川シリーズ、第2章。ハウスボートの内装を一通り確認したあと、いよいよ出発かという雰囲気になっていきます。 特に書き足すことも無さげなんですが、どうやらこのハウスボートにはエンジンが付いてないか、あっても壊れ…

【翻訳練習】Buck 65 - Protest

Buck 65 - Protest ピピーッ! キープ・イット・リアル警察だ! Buck 65、お前を"軟弱男罪"および"イケメンなのにクズ自称罪"で逮捕する! 懲役65兆年だ!! というわけで5曲目"Protest"は、ヘイターの批難をわざわざ"抗議"というもったいつけた言葉に置き換…

【翻訳練習】Buck 65 - Sore

Buck 65 - Sore クズをテーマにした曲はいつだって素晴らしい。快活で、ユーモアがあって、汚らしい。そこにものすごく親近感が沸いて元気が出てきます。ビバ、ダメ男。万歳、ダメ男。 4曲目"Sore"は明らかに父親に影響を受けたであろうBuck 65が、ボロボロ…

【翻訳練習】Buck 65 - Riverbed, Pt.1

Buck 65 - Riverbed, Pt.1 川はいいもんですよね。筆者もよく川沿いをサイクリングしたりするんですが、きままな自然の風景に心が洗われます。チラシの裏にでも書いとけ? おっと、幻聴が聞こえ始めたので平常運転に戻りましょう。 3曲目"Riverbed, Pt.1"は…

【翻訳練習】Buck 65 - Wicked and Weird

Buck 65 - Wicked and Weird いかにもカントリーな音使い...いやいや良いじゃないですか、堪らんです。アメリカ南部の匂いが香ってきますよ(知らんけど)。 2曲目"Wicked and Weird"はBuck 65の実の父について、父目線で歌った曲です。歌ってる本人に負けな…

【翻訳練習】Buck 65 - Leftfielder

Buck 65 - Leftfielder 男65...ご存じ、カナダ、およびUSのアングラHIPHOPシーンにそこそこな影響を残したMCです。まるで少年Aみたいな名前ですが、はたして何故、彼はそんな芸名にしたのでしょうか。Wikipediaにはこうあります。 私はRichard Terfryという…

【翻訳練習】Buck 65 - Gee Whiz

Buck 65 - Gee Whiz 伊達男め、なんて羨ましい!見てくださいこの......ええ? ...と楽曲に関係ないことはともかく。Buck 65です。カナダ出身、Stinkin'Richという名で下積み時代を経験し、Buck 65に変名後、アルバム『Vertex』を含めた3作、Sixtooとのデュ…