韻とアイデアほか

7割は合ってる / 誤訳の指摘は24時間お待ちしとります

【翻訳練習】Jonwayne - After The Calm

f:id:Tachibuana:20210405090619p:plain

Jonwayne - After the Calm

 

 の白いBiggieだの白いDOOMだのと不名誉なあだ名がつき、当時LA期待のホープと持てはやされ、Stone Throwに所属までしたMC/Beat Makerであるジョンウェイン氏は、なんでも独立戦争時代に活躍した将軍アンソニーウェインの子孫らしいです。同名の俳優とは関係ないらしい。

 しかし1stアルバムを発表した後の2014年5月25日、ホテルのベッドで吐瀉物に囲まれて目覚めた彼は、極度の肥満、アルコール依存症、それにともなう激しい不安に滅多打ちにされ、ツアーのキャンセルを余儀なくされてしまいます。それを契機として、Stone Throwとの関係も疎遠になってしまいました。2015年、自主レーベルからリリースした『Jonwayne Is Retired』を最後に、彼は消息を絶ってしまいます。といっても1年そこらですが...

 

 その後どうなったのか?という所はまたいずれ書くとして、今回紹介するのはそんなジョンウェイン氏の1stアルバム『Rap Album One』の1曲目『After the Calm』です。

 このアルバムはXXLの「Dilated Peoplesの2006年以降のアルバム10選」、みたいな記事で挙げられてた盤のひとつで、曰く「ピーナッツバターウルフがMadvillainy以来、初めて成し遂げたラップアルバムだよ」とのことらしいです(Homeboy Sandman涙目)。加えて「彼は聴こえてくる音通りの見た目をしてないから面白い。彼はトラック運転手か何かに見える(笑)」とも言ってますが...

 そんな彼のラップスタイルはいささか奇妙で、タフな声質やオーソドックスなフロウに対して、ちょっともどかしさを感じるような微妙なユーモアのギャップが特徴です。たまにドゥームなんかと比較されますが、それよりもさらに間接的でポエティック。

 

 敬愛する作家に小説家チャールズ・ブコウスキーやジャーナリストのハンター・S・トンプソンを挙げていて、彼らに共通する飲酒癖や率直な言葉遣いをかえりみると「なるほどな」と納得いくのではないでしょうか。

  とまあ駄文はこれくらいにして...

  曲の方はイントロだけあってちょいと散漫としてますが、彼の表現力や世界観をうかがうのに丁度いい風合いになってるのでは。聖書の引用("体は寺院"、"ブドウの木")や音楽産業への言及を含めつつ、"俺は骨壺の中の砂漠だ"といった秀逸な表現も飛び出してきます。そしてもちろん前述したユーモアも。

 そんではどうぞ。

 - - - - -

 



[Verse]
I can't wait for the sky to fall
空が落ちるのを待ちきれない
Picture me, rising up until I burn like a comet from the ground
描いてくれ、地平から来た彗星のように昇り燃え尽きる俺を
Bones turn to dust

I'm a desert in the urn
俺は骨壺の中の砂漠
Never see my guts
自分の臓物を見たことはない
May they fatten up the Earth
それらが地球を肥やしますように


My body is a temple and nut
俺の体は寺院と木の実
It splits in half with the death of a sun
そいつは太陽の死とともにふたつに割れる
Magic spitting from the head of a gun
銃の頭から魔法がスピットされ
I'm embedded with
俺はそこに埋め込まれている
Cold for the people never credited
名を知られない連中には寒い
The storm

Stronger when I stray from the norm
常軌を逸すると俺はより強くなれる

 

I feel worn out from alternate realities
俺は互い違いの現実に疲れ果てている
It's never happening but always feel like the end is near
それは決して起こらないが、いつも終わりが近いと感じている
Wonder if this mic check is last
これが最後なのだろうかと -
For a mind-vent on side-text and mind-sex
- 横槍精神融合心情吐露するためのマイクチェック

 

I'm next to shine
俺は輝きの隣にいる
Mind or imaginary sign, create divine
意識か想像上の記号か、創造神か
My ears grew the grapevine you swear by
俺の耳はお前の信じるブドウの木(神/情報源)を育てた
So forced intercourse what you heard
つまりお前の見聞に無理やり関係を持ったってことだ
Nothing in this world can be seen for what it's really worth so
この世の本当に価値あるものは目に見えないのさ

 

Pick your poison
毒をつまみ上げろ
Oops, I meant your paper
おっと、新聞のことだよ
There's still the six yous on the screen from a neighbor
ここには未だに近所の6歳児が載っている
I need... You need opinion
俺には...君には意見が必要だ
Who else but someone else?
他に誰が居るって?
You can save that
君は彼らを守れるんだぞ

 

Meanwhile, some Lockjaw continues freestyling in a savior hat
一方で、一部のロックジョー共が救世主の被り物をかぶって即興を続ける
Substances run amok
"資産を荒ぶらせ
Spreads thin among the bucks
金に囲まれて多くに手を出せ
Get a bill for everyone of them
全員分の請求書を手に入れろ
Scope out the new generation in a Mack truck
マックトラックに入ってる新世代を発掘しろ"

 

I'm a bad egg straight from a bad duck
俺は醜いアヒルから出てきた悪い卵
I turned alcoholic on a case full of bad luck
箱一杯の不運アルコール依存症になってしまった
The end is nearsighted
終わりは近視的
All people fear silence
全ての人々は静寂を恐れる
The deafening roar of Earth minus
耳をつんざく轟音──
Us
──俺たちを除いた地球

 

Equals nature
等しい性質
Abomination
忌み嫌うべきもの
Wayne about to do everything but placate you
ウェインはお前を慰める以外のことは何でもする
Major birds say he's breaded
若い娘たちあいつは坊ちゃんだという
Try to fry the words
文章を書き直そうとして
I'll just land on my feet with street credit
俺は汚れた名声を連れ、ただ地上に降り立つだろう

 

(Falling deeper in a hallucination)
(幻覚の深みに落ちていく)

 

Unstoppable forces meet unmovable objects
止められない力動かない物体にぶつかる
I put the second basic physics on a piston
第2基本物理学をピストンに載せて
Push it, mission, the condition
固執する、使命に、境遇
My opponents to submission
俺の敵を降伏させることに

 

(Falling deeper in a hallucination)
(幻覚の深みに落ちていく)

 

Don't test the waters
水の様子を見るな
If your crew's afraid of swimming
お前の仲間が泳ぐことを心配してるなら

 

(Falling deeper in a hallucination)
(幻覚の深みに落ちていく)

 

Yeah I can't wait for the sky to fall
ああ俺は空が落ちるのを待ちきれない
Picture me rising like a comet from the ground
描いてくれ、地平から来た彗星みたいに昇っていく俺を

 

(Falling deeper in a hallucination)
(幻覚の深みに落ちていく)

 

My bones turn to dust
骨が塵と化す
I'm a desert in the urn
俺は骨壺の中の砂漠

 

(Falling deeper in a hallucination)
(幻覚の深みに落ちていく)

 

Never see my guts
自分の臓物を見たことはない
May they fatten up the earth
それらが地球を肥やしますように

 

(Falling deeper in a hallucination)
(幻覚の深みに落ちていく)

 

Unstoppable forces meet unmovable objects
止められない力動かない物体にぶつかる

 

(Falling deeper in a hallucination)
(幻覚の深みに落ちていく)

 

(Falling deeper in a hallucination)
(幻覚の深みに落ちていく)

 

(Falling deeper in a - )
(幻覚の深みに──)