韻とアイデアほか

7割は合ってる / 誤訳の指摘は24時間お待ちしとります

【翻訳練習】Mr Key - Millions

 

f:id:Tachibuana:20210419072810p:plain

Mr Key & Greenwood Sharps - Millions

 ローといえば音楽的なリズムの心地よさ、感情表現、個性の追求などなどいくつもの観点で評価できるかと思いますが、全てにおいて卓越しているのは稀です。この方はその稀な人物のひとりに数えられるんじゃないですかね。

 

 Mr Keyは英国ヒップホップを大きく前進させた伝説的クルー、Contact Playの一員です。クルー名義の作品では整然としたマルチライムと汚い作風で知られ、ソロ曲"Fingers In Your Nose"("ヒップホップがお好みなら鼻クソほじってな")や"Word to the Wise"("セックスしてやった?してもらったの間違いだろ?")を始め、Dirty Dikeとの田舎者を煽る"Fenland Badmans"("クソみたいな速度のトラクターで跳ねて警告してろ")のほか、名曲"Average Wank Fam"("同じ冴えねえオナニー経験者だろ、ああ?")にはいたく感動させられました。いや本当に。

 

 とまあ、とにかくDikeと同じ位にきったねえ歌ばかり作ってきた彼なので、いざソロアルバム発表となった時の豹変ぶりには心底驚きました。その誠実、清潔、精神性...いったいどうやって隠し持っていたのかと。

 このたび紹介する曲"Millions"は同じく英国の繊細なビートメイカーGreenwood Sharpsとタッグを組んだアルバム『Yesterday's Future』から。

 クルー名義の時は4ビートを基調としたフローを中心としていたんですが、このアルバムに至る過程で大きくフローを変化させ、オフビートともオンビートともつかない、狭い箱でシェイクしたスーパーボールのような音節配置に。こんな奇妙なフローはUSでもお目にかかれないのでは。

 そこへさらにクレッシェンドやフォルテ的な感情の起伏も加わり、ダウナーで鬱のどん底みたいな時もあれば魂の叫びのように吠えるときもあり、Rakimから続く抑えた声で淡々とライムを紡ぐ王道スタイルとは一線を画しておりますね。

 

 一定のビートがないドラムレスな構成のこの曲ではそんな彼のフローが存分に活きており、普通のラッパーではしどろもどろするか退屈させてしまう音の中でも存分にリズムを楽しませてくれます。

 そんな彼の失恋ソング"Millions"、ご拝聴ください。

 


[Intro: Greenwood Sharps]
We're over
俺たちは終わった
We're over
俺たちは終わった
If we're over, always old
関係が終わると、いつも老いている
We're over
俺たちは終わったんだ

 

[Verse: Mr Key]
Synthesize me morphine to dull the pain
鎮痛用のモルヒネを俺に打ってくれ
Give me summer rain
夏の雨をくれ
To wash away the autumn blue
秋の憂い洗い流すために
Blotted onto all I do
やることすべてに難癖をつけたな
Cause everything I thought was true
俺の考えがぜんぶ正しかったからだろ
Every time I thought of you
いつもお前のことを考えてた

 

Caught in a distorted view
歪んだ視点でとらえて
Crawling through the mirror maze
鏡の迷路這いずるんだ
These broken shards of single glaze
──この割れた一枚ガラスの破片たちを
Reality will strip your face to bone
現実がお前の顔を骨まであらわにするだろう

 

Never had I felt so alone
これほど孤独を感じたことはなかった
Than a moment that that phone rang
あの電話が鳴り
To twitches in my chrome hand
俺のクロム合金の手を震わせ
To run away
別れを告げた瞬間ほど
Iron-out the glitches in my program
俺のプログラム内のバグを解決しなきゃ
Oh damn
ああクソ

 

The black rat's been scratching at my mind again
黒い鼠がまた心を掻きむしっている
For what?
のためだ?
And how'd you make it stop?
そしてどう止めたんだった?
I knew but I forgot
知っていたが忘れた
Somebody been fucking with clocks
誰かが時計をいじったんだ
And cut the colour out the picture, left me nothing but the slops
そして写真から色を抜き、水こぼれだけ残していった
Well it's a cotch
なるほどそいつは休息だな

 

Turn up the hissing and the pops
蒸気音と破裂音を立てろ
And tell my opportunities to piss off if they knock
あと奴らがノックしたら出ていく機会を教えてくれ
Cause it's a cotch
こいつは休息だから
A loner in a comatose cocoon
昏睡したの一匹狼
How you been?
元気だったか?
I'd be lying if I said 'I'll see you soon'
"近いうちに会おう"と言ったら嘘になる

 

I want
俺は
Millions of little pills to drop into my drink
飲み物に投じる何百万もの錠剤が欲しい
I'm not thinking straight, this isn't really what I think
まともに考えちゃない、これは俺の本音じゃない
Except it is
それ以外は
I'd accept a second with that bitch
あのビッチと少し話をしてもいい
for every 20 spent sticking bits of metal in my wrists
俺の手首に既に刺さった20の金属片のために
Give me
よこせ

 

Millions of little pills to drop into my drink
飲み物に投じる何百万もの錠剤を
I'm not thinking straight, this isn't really what I think
まともに考えちゃない、これは俺の本音じゃない
Except it is
それ以外は
I guess you get just what you give
思うにお前はただ自分に与えるものを得るのさ
and that's my message to the kids
そしてそれが子供たちへのメッセージ
I'll let 'em live, let 'em live
俺は強く生きさせる強く生きさせる

 


Don't get it twist or twist it up
ひねったり巻き取って受け取るな
The fuck is your prerogative?
ファックはお前の特権か?
My glorious story's your apocalypse
俺の輝かしい物語はお前の黙示録
The acid in the rain washed the tragedies away
酸の雨悲劇を洗い流し
And what, happened to the passion that you happily displayed
そしてお前が幸せそうに示した情熱に何が起きたか
Younger days
若き日々だよ

 

Summer haze fade to winter and it's cold tonight
夏のもやは冬に消え、今夜は寒い
Take a chance, roll your dice with a poltergeist
チャンスを掴め、ポルターガイストお前の賽を振りな
And win it all, a pitiful pittance
そして全てに勝て哀れな少額
The spinning glitter ball that glistens isn't gold
回るミラーボール光沢は金じゃあない
Why'd you listen to your soul?
なぜ魂に耳を傾ける必要がある?

 

Do exactly as you're told soldier
兵士に言われた通り動け
Follow your directives
指示に従えよ
And never view the universe through multiple perspectives
そして二度と複数の視点で宇宙を眺めないことだな

 

We're over
俺たちは終わったんだ

 


We're over
俺たちは終わったんだ