韻とアイデアほか

7割は合ってる / 誤訳の指摘は24時間お待ちしとります

【翻訳練習】Ronnie Bosh - Escapism

f:id:Tachibuana:20210422105010p:plain

Ronnie Bosh - Escapism

 ※22/03/22 翻訳を細々と訂正しました。

 

 れほどアルバムを待ち望まれた男も中々いなかったでしょう。なにせわずか数曲のソロを除いて、彼を確認できるのは殆どがクルー名義や客演曲ばかり、そしてそのいずれも圧倒的存在感をはなったまま10年ほども待たせるのですから。

 

 Ronnie Bosh、通称ApeはContact PlayのMC5人のうちの一人で、同じくメンバーのJam Baxterと同じ学校出身だったりします。高校生にして既に堂々としたラップを体得しており、そのタフさ、ボスっぷりは生まれながらにしてかという感じ。

 

 特に目を引いたのはDirty Dikeのアルバム『Return Of The Twat』での3曲にわたってアシストしており、彼の持ち技のひとつであるファットな歌唱が盤に彩りを与えてます。もちろん蹴ったバースも素晴らしい。

 

 そんな彼はContact Playの面々で最後に(2019年!)アルバムをリリースしたのですが、その間、彼の客演曲にはお決まりのようにアルバムを催促するコメントが付いていたものです。そんなこんなで彼の1stシングル『100%』が発表された時は「マジかよ本当に実現したぞ!」だの「待ち望んでたソロがようやく来たか」だの、見覚えのあるコテハンUK hiphopアップロード班が一堂に会すだのして笑いました。

 

 今回ここで紹介するのはその彼が盤をドロップするまでに落とした数少ないソロにして代表曲のひとつ"Escapism"です。

 

 そもそも彼の登場が遅れた理由に"労働と女絡みのトラブル"があるのですが、この曲では早くもその事に言及されてます。労働に追われ、趣味に割く時間を奪われ、いざ自由になってみたらみたで葛藤が生まれる...日本でも普遍的なテーマですね。

 

 特筆すべきはそのContact Play特有の整然としたフロウでしょう。彼は1バース目では8ビートに沿うようにライミングを畳み掛け、2バース目ではビートの転調とともに、また違うタイプの整然としたフロウにシフトします。リズム単体に進行があって「ボッシュ氏、凝ってるな!」という具合。

 

 もうひとつ書き加えたいのは、彼はここで発音を濁すことで無理やり韻を踏んでいるという点です。例えば1バース4行目の"Trip in the same mist"でTripとmistのiをaに発音してますし、9~10行目のbaconのoがe?に、caffeinedのaがアでなくエに、13行目のscooperなんてスカーパみたいな発音で力技でねじ伏せてます。

 

 この手の発音操作は某有名MAD素材のエミネムさんが得意とするとこらしいんですが、英国のボッシュ氏も負けてないですね!

 

 


[Intro]
Yeah
ああ
Where're you guy man?
アンタはどこにいるんだ?

 

 

[Verse 1]
I still
俺は未だに
Making my way, red faced in the safing
道の途中で、許される範囲で赤ら顔になり
Chasing the day's end, pacing the pavement
日の終わりを追いかけ、歩道を歩きながら
Racing to break bread, waiting for late friends
パン食い競争にはげみ、遅れてる友達を待って
Trip in the same mist, straight to temptation
同じ霧を旅して、誘惑に駆られている

 

Where's exit to stage left
舞台を降りる出口はどこだ?

 

Take steps from your cesspit, it reach stress
お前の汚水溜めから距離を取るストレスが達しちまう
Drenched in the same stench
同じ悪臭さらされた
Hey next day in waste, take ten paces
やあ無駄に終わる明日、決闘に挑むぜ
And play dead, wait in the shade 'till I say when
死んだフリし、何時だと口にするまで日陰で待つのさ

 

Collect paycheck
給与を回収する

 

Pay debt straight to the same sweaty grey bacon
同じ汗ばむ灰色のベーコン(ペニス)に借金を返す
Ape of the caffeined
盛りついた猿だ
I hate presto
さっさと」が嫌いだ
Breaststroke your way through her bed clothes
てめえのやり方で彼女の寝具を泳ぐのさ
Get low, bathe in the sex glow
身をかがめ、性の輝きを浴びるぜ

 

After her legs closed
彼女が足を閉じたあと
Let's go scooper
それ行けティッシュ
Both paste a par for the vex tough father
お互いのタフな父親を悩ますほどに同量
And stroll faster, piggy mate get away
速足で散歩し、デブは退散
if you're led astray, getting lame for your everyday
道に迷ったなら、毎日にむけびっこになれ

 

Struggles son cut and run, bumping the ket and train
もがくガキは切って走り、ケタミン(麻酔薬)と列車にぶつかる
Snuggled up badden guts, hungry for better days
終わってる腸に寄り添う - "報われるための空腹さ"と
I set the peacement and wasting my followers
安定を据えて仲間を捨てていく
So when the pressure's weighed, let's escape with anonymous
だからプレッシャーが重くなったら、名も無い連中と逃げ出そうかね

 


[Hook]
Apeism
猿イズム
It's space my brain slipping as razor blades
そいつは俺のカミソリの刃が滑り
Ripping my day to day living
日々の生活を引き裂く脳内空間
I'll break the chain link
俺は連鎖を断ち切って
And escape from Great Britain daytripping
グレートブリテンの白昼夢を抜け出すだろう
Putting the ape in escapism
猿を現実逃避させるのさ

 

It's space my brain slipping as razor blades
そいつは俺のカミソリの刃が滑り
Ripping my day to day living
日々の生活を引き裂く脳内空間
I'll break the chain link
俺は連鎖を断ち切って
And escape from Great Britain daytripping
グレートブリテンの白昼夢を抜け出すだろう
Putting the ape in escapism
猿を現実逃避させるのさ

 


[Verse 2]
Fuck forced entry, I forced escape
不法侵入クソ喰らえ、強制離脱したよ
from torture chambers made of my awkward days
- ぎこちない日々で作られた拷問部屋からな
I break loose from my ball and chain
俺は俺の金タマと鎖から解き放たれる
Make moves as a grade A loser I walk away
A級の敗者として行動を起こし立ち去る

 

But stay falling straight like the pouring rain
だが土砂降りの雨のようにまっすぐ落ちている
The same bait law that wastes in a dormant state
ムダな休眠状態と同じ餌のやり口
Caught napping on a damp floor, I'm all too ruin
湿った床でうたた寝してた、全身壊れすぎてる
The padded walls in my cage keep my force at bay
檻の壁を押して食い止めるため腕に力が入ったまま

 

Jaw flapping like the trap door I kick the hinges off
顎が跳ね扉みたくはためくから蝶番を蹴り外すと
Then I'm kicking from this grim and bitter cotch
この冷酷と苦しい休暇から飛び出した
So if you give a toss, sit and watch
だからもしトスを上げるなら、座って見てな
Mr. Bosh pick the locks on his handcuffs and quick slip above
ボッシュ氏が手錠の鍵を外して、素早く上に滑り込むのを
(listen what)
(聞きな)

 

It's dust living lost in the toxins
こいつは毒素に消えたクズ人生
So until I hit the rocks I'll be sloshed in an odd bins
そんで俺は岩にぶつかるまで奇妙な箱の中でよろめいてるだろう
Giving it the wash rinse
すすぎ洗いをしてやれ
But I'm still caught, sniffing in the bog pissed, wishing for a locksmith
だが未だに捕らわれの身で泥酔して鼻をすすり、鍵屋望んでいる

 

Stop spitting, you're not sick
ラップを辞めろ病気じゃ(イカして)ないだろ
And you'll never escape the fact that Mr. Ronnie Bosh is
それにお前はロニー・ボッシュ氏という事実から逃れられない
I'm not sticking in this wasteland metropolis
俺はこの終わってる大都市固執しちゃないぜ(※収まる才能じゃない)
So when the pressure's weighed, let's escape with anonymous
だからプレッシャーが重くなったら、名も無い連中と逃げ出すがいいさ

 


[Hook]
Apeism
猿イズム
It's space my brain slipping as razor blades
そいつは俺のカミソリの刃が滑り
Ripping my day to day living
日々の生活を引き裂く脳内空間
I'll break the chain link
俺は連鎖を断ち切って
And escape from Great Britain daytripping
グレートブリテンの白昼夢を抜け出すだろう
Putting the ape in escapism
猿を現実逃避させるのさ

 

It's space my brain slipping as razor blades
そいつは俺のカミソリの刃が滑り
Ripping my day to day living
日々の生活を引き裂く脳内空間
I'll break the chain link
俺は連鎖を断ち切って
And escape from Great Britain daytripping
グレートブリテンの白昼夢を抜け出すだろう
Putting the ape in escapism
猿を現実逃避させるのさ