韻とアイデアほか

7割は合ってる / 誤訳の指摘は24時間お待ちしとります

【翻訳練習】Jehst - 1979

f:id:Tachibuana:20210506091423p:plain

Jehst - 1979

 

 ェスト氏の抽象性はアルバム3曲目でさらに強まる羽目になります。翻訳する側としては勘弁してくれという気分ですが、カッチョイイので許す。

 

 Ol' Dirty Bastardのボイスサンプルで始まる"1979"は、このアルバムで一番アブストラクトで何が言いたいのか分からん曲です。79年はJehstの生まれた年を意味してるんですが、そんなテーマそっちのけで脈絡のないバトルライムやセルフボーストのような何かが繰り返される前2曲と同じ感じ。

 最後まで聴くと、どうやら彼は矛盾する表現を並列しまくることによって、自分を"肉体のある霊的存在"、"死ぬつもりで生きてる奴"、あるいは"現代に生きトリップしてる男"と定義しようとしてるんじゃないかな~という推測に行き当たります。

 

 なにせ抽象的なので確かなことは言えないんですが、しょっぱなから"神秘的暗号を不明瞭に演説する"とか表明してるので、まあフローと押韻を楽しむほかないですね。

 

 

 

[Intro]
Let's take it back to seventy-nine
"79年へ戻そうじゃないか"

 


[Verse 1]
I bleed liquid gold and slur speech in a cryptic code
俺は液体の金を出血し、神秘的暗号を不明瞭に演説する
My feet slipping on this twisted road
足がこの曲がりくねった道を滑っていく
Only the mystic knows the lone figure in the distance
神秘主義者だけが遥か先の孤高の肖像を知っている
No bigger than the sum of his inscriptions
彼の碑文の合計よりは大きくない

 

Or the extent of his conviction
あるいは彼の確信してる範囲よりは
I sip vitamin enriched liquid diction
俺はビタミン豊富な液体語法をすすり
And digest fiction for culture
架空文化を消化して
I'm force fed prose, the monster
餌の散文を力にする、怪物
My head and neck connected by a bolt
頭と首はボルトで接続されてる

 

Tryna hold things together like the skins I fold
俺の折り重なる皮膚みたく事をひとまとめにしてみな
And take my food for thought with a pinch of salt
そして思案のためひとつまみの塩で俺の飯を食ってみろ
True to form, my sin results in self doubt
によって、俺の罪は自信喪失を起こすことになる
Look into my eyes, I don't need to spell it out
目を覗き込んでみろよ、綴り出す必要はない

 

You can see it, how I tripped and fell down
見えるだろ、どんだけトリップして落ちてる
And picked myself up, turned myself round
そして自己をつまみ上げ、元に戻してるかを -
From the cliff's edge, and staggered home like a misled
- 崖っぷちからさ、それで迷った酔っ払いみたく家によろめき帰るんだ
And put up a fight till my fists bled
拳が血まみれになるまで抵抗する

 

I choke on lead, until my spit's red
にむせる、唾が赤くなるまで
When I step outside to get a quick breath
早急に吸い込もうと外に出る
Of fresh death, now there's no air left
――新鮮な死を、今ここに空気は残されてない
And fifty percent of us couldn't care less
そして俺の50%はそんなこと気にしちゃいない

 

I bare flesh, exposed to the cancerous
肉をむき出しで、に無防備だ
Light like tearing the film out your cameras
- お前のフィルム切取り式カメラみたいな光に
I'm still ravenous, I feel my stomach acid
俺はまだ腹が減っている胃酸を感じるよ
Keep burning as I work towards another classic
他のクラシックに取り組むほどに燃え続けてる

 

Melt your plastic chat, snatch your comfort blanket
プラスチックのたわごとを溶かし、慰めの毛布をぶんどる
In this cold world you're naked and unattractive
この冷たい世界じゃお前は素っ裸で魅力がない
And your tactics are underhanded
それに戦術がこそこそしてる
I hibernate through the winter, and wait for the summer madness
俺は冬の間ずっと冬眠して、夏の狂気を待ってるぜ

 


[Hook]
1979, 1979, 1979
"1979年、1979年、1979年"
Let's take it back to seventy-nine
"79年へ戻そうじゃないか"

 

1979, from winter to went
"1979年、冬から行く末へ"
Ah, the sunshine
"ああ...陽の光だ"
Let's take it back to seventy-nine
"79年へ戻そうじゃないか"

 


[Verse 2]
Call me the dirty stop out, feet that's on the couch
汚い停留所と呼びな、足がカウチに乗ってる
Stout on my breath and a bad case of desert mouth
吐息の悪臭と重症なまでに乾いた口
Forever drowning my pain in the pleasant sound
生涯痛みを溺死させてやる、この心地よい音――
Of whispered words and rainfall on level ground
――囁いた言葉たち平地の降雨の音でな

 

Gagged and bound with no hope of getting out
外に出る見込みもなく、足止めされ縛られた
Save the secrets and lies, I'm tryna settle down
秘密を守って嘘をつき、落ち着こうとする
But like the weather now, I'm unpredictable
だが今の天気みたいに、俺は予測不可能
My hate's bitter but my love's unconditional
俺の憎しみは苦いが、愛は無条件だぜ

 

Living in this digital age, these are strange days
デジタル時代に生きている、こいつは奇妙な日々
My rage tamed, but freed on the same page
怒りに支配されたが、同じページで解放された
I make waves, till I wash away the refuse
俺は波を作る、ゴミを流し切るまで
God of the sea, these are the eight moons of neptune
海の神よ、これは海王星の8つの衛星

 

I make moves to refuge, but don't sleep
逃避に移るぜ、だが眠りはしない
And walk the streets, with a rose in my teeth
路上を歩く薔薇を歯に咥えて
And a bittersweet song in my heart, I take heavy steps
それで苦く甘い歌が心臓を流れ、重く歩を進める
The hard-headed man climbs his own Everest
石頭の男が自分のエヴェレストを登ってる

 

So till the very end, I won't ever rest
だから最後の最後まで、休むことない
I'll serenade my angel with every breath
俺はひと息ごとに天使にセレナーデを奏でるのさ
God sends in remembrance of lost friends
神が失った友人たち思い出させる
Whenever my top ten drops, I'll know what went on then
俺のトップ10が落ちる時はいつだって、何が起きたか分かるよ

 

Provokes me to focus ahead
先へ焦点を合わせるため自分を傷つける
Close my eyes and get close to the dead
目を閉じて、死へと近づくのさ
I'm the ghost that begs to be released from limbo
俺は辺獄から解き放たれることを願う幽霊
Between two worlds like the thief at the window
窓枠に乗り上げた盗賊のように二つの世界の間にいる

 


[Hook]
1979, 1979, 1979
"1979年、1979年、1979年..."

 

Let's take it back to seventy-nine
"79年へ戻そうじゃないか"

 

 

   →次の曲 "Alcoholic Author"