韻とアイデアほか

7割は合ってる / 誤訳の指摘は24時間お待ちしとります

【翻訳練習】Jehst - The Return of the Drifter

f:id:Tachibuana:20210512084458p:plain

Jehst - The Return of the Drifter

 

 ついに表題曲です!"漂流者の帰還"ということで、ここでのジェスト氏はシラフに戻って現実と向き合うさまを描写。アルバムの直前までの曲の帳尻合わs...伏線を回収すべく、ぶっ飛びながら書きつづった情景描写にそれらしいオチが加わります。"頭一杯の火"、"傷んだ指関節"とかその辺ですね。

 

 しかし開幕6小節もそこそこにまたしてもぶっ飛びはじめ、やはりテーマそっちのけにバースを蹴り続ける男...手におえん!


 思うにこのアルバムが01年のUKシーンに画期的だったのは、ライミングのレベルを高めた一方で、リリックの敷居を下げた事にあるのかもしれません。以前訳したMadvillainyもそうでしたが、「ライムさえ格好良けりゃなんでもいいだろ」というノリ。模倣したくなる、しやすい、共感できる、ロールモデルにふさわしいラップを提示したことがJehst-Senseiの功績だったのかも知れません。

 

 同年代でもChester PやKashmereは独特の世界観があって安易に真似れないし、Mystro、Kyza、Verb TあたりはJehstほど人間としての隙が露呈してなかったですしね。内臓を自分で見せにいくブコウスキーの流儀、このひとつまみの塩が違ったんではないでしょうか!あともちろん、首振りまくれるフローも。

 

 

www.youtube.com

 


[Verse 1]
I walk with a head full of fire and a belly full of hunger pain
頭一杯の火と腹一杯の空腹痛を抱え歩く
Uncontained rage takes hold till I'm numb again
もう1度ぶっ飛ぶまで抑えきれない怒りを抑えるわけだ
Clear the air like summer rain
夏の雨のようにきれいな空気
It's just another day
そいつはありふれた日
Seen through the eye of the hurricane
台風の目が透けて見えるぜ

 

(Runaway)
"逃げろ"
Train of thought, my sore knuckles say
思考のつながり、俺の痛んだ指関節が言う
(Love and hate)
"愛し憎め"
Puffing shakes straight till I suffocate
吹かし窒息するまでただ揺れ続ける
B-boy, bunning J's til my brain's buzzing, ain't nothing changed
Bボーイ、脳みそが覚めるまで吸い込ませてくれ...何も変わんねえじゃねえか
Decorate grey skies with colour
灰色の空を色で塗りたくる

 

Spray paint tornadoes
スプレーが竜巻を描く
Fallen angel with a horned halo
角状の光輪をまとって落ちてきた天使
Moonwalk on a rainbow
の上をムーンウォーク
Multi-verse space ghost writer
多元宇宙のゴーストライター
Spit a day-glo one-liner
ぴかぴかして洒落たジョークをスピットするぜ
The tongue tied longtimer
舌を結んだ古参者

 

Invisible ink specialist
見えないインクの専門家
I think devilish
悪魔的に思考する
Sipping on an alcoholic beverage
アルコール飲料をすすってる
Livin' with benefit cheats and no-hopers
騙し取った利益と希望のない連中と一緒に生きてる
(Stoners)
"飛んでる奴ら"
Deadbeats who sleep on their sofas
ソファで寝てるのらくら共さ

 

Socialite soldiers
社交界の名士
Glued to the Motorola
モトローラ(情報通信会社)に夢中になってる
Worldwide like Coca-Cola
コカ・コーラみたく国際的な
Weed network
マリファナ連絡網
Exert energy the head-nod expert
ヘッドバングの達人に活力を及ぼす
Trenchfoot puttin' in legwork
塹壕足(病気)にフットワークをさせるほど

 

The wordsmith
言葉の熟練者
Still lifted off the first spliff
まだ最初のスプリフを持ち上げたとこだぜ
I levitate in space, let the earth drift
自分を宙に浮かべ、地球を漂わせる
It's sickening
そいつは吐き気を催す
Instinct without discipline
統制のない本能
Livin' in a world where everybody hears
皆が聞いてる世界で生きてる、が
But nobody's listening
誰も聞いちゃない

 

It's like Mission Impossible
そいつはまるでミッション・インポッシブル
Try'na hopscotch every obstacle
全ての障害をけんけん飛びしようとするぜ
Death's never optional
死を選ぶことはできない
It's the epilogue to the first chronicle
そいつは年代記1巻余談
The black comical
黒い笑いさ

 


[Scratch]
"Its the return of the drifter
"漂流者の帰還だ"
Lone wolf former jacks, roam road like a ridge back
"かつてジャックだった一匹狼、リッジバック(犬)みたく道を放浪する"
Contents under pressure
"圧力下にいる意義"
Shabby tap I walk aggy with a hunch-back"
"侘しく音を立て、猫背で興奮して歩くのさ"

 


[Verse 2]
Soldiers hold a cold stare like they never been scared
戦士たちは恐怖を感じたことがないみたいに冷たい目つきをしてる
But live life like they know their time's precious and scarce
だが時間が貴重で希少なことを分かってるみたいに生きてる
Beef could be hell on earth
喧嘩は地上の地獄と化すだろう
Better settle it there
そこに置いといたほうがいい
And if our sins are forgiven
で、もし罪が許されるなら
Heaven better prepare
天国は備えた方がいい

 

I bring a breath of fresh air, bless polluted lungs
新鮮な呼吸を入れて、汚れた肺を祝福してやる
Bunged up from the years bunnin' zoots of skunk
スカンク大麻のズーツ(ジョイント)を何年も燃やして目詰まりしてる
I lounge in, Bluesy clubs
もたれかかる、寂れたクラブ
With abusive thugs, useless drunks, junkies abusing drugs
口汚いチンピラ、無益な酔っ払いヤクを乱用してるジャンキーと共に

 

And young bloods with the loosest tongues
そして柔らかい舌の若い血
(It's too much!)
"出血しすぎ!"
Old cats sucked up like they losing touch
老いた女どもは触感を失ったみたいにしゃぶり立てる
(And get bust)
"そして殴られる"
Some are truly stunned
マジで唖然とする奴もいる
Another rabbit in the headlights
ヘッドライトに映った別の兎さ
Far too confused to run
逃げるには混乱しすぎてる

 

I stay balanced like planets with the moon and sun
俺は惑星みたいに月と太陽とバランスを取ってる
I need shoes on my feet and some food to munch
履く靴とむさぼれる飯が必要だ
If you relate to that statement, salute me once
俺の言ったことを理解してくれるなら、一度挨拶してくれ
One love, one hope for the youth to the future comes
じゃあな、若者に未来が来ることを祈るよ

 

(It's comes now)
"今に来るぞ"
I'm drunk and run down
俺は酔っぱらって倒れ込む
Sun up to sun down, cause life is bugged out
日が昇っては沈む、人生があわてて逃げていくから
Some doubt us but couldn't survive without us
疑う奴もいるが俺たち無しじゃ生きていけないのさ
Parasites surround us like close encounters of the 3rd kind
寄生虫ども未知との遭遇みたく取り囲んでやがる

 

Cyclops with a 3rd eye
第三の眼だけのサイクロプス
Deep in my trees like a termite
シロアリみたく木々(大麻)の中にいる
Bogart the herb till it burns bright
眩しく燃えるまでハーブをいじめるぜ
Burn rubber on the turnpike
有料道路でゴムを燃やし
Prey stays locked in my search light
俺のサーチライトは獲物に合わせたままだ
(Word life)
"マジだぜ"

 


[Outro]
Yeah, adventures in New Bohemia, the drifter is now housebound
イェー、ニューボヘミアの冒険さ、漂流者は今家の中だぜ!
And all you snotty nose spoilt little Gallagher wannabes
そしてお前ら鼻つまみの我がままなギャラガワナビーども!
Yap-yappin' barkin' at the front door
玄関でギャンギャン吠えたててな!
Don't know what happen now
何が起きてるのか分かんねえわ!
Yeah yeah Braintax on the boards, Lowlife"
イェーイェー、ブレインタックスが取締役だぜ!ロウライフ

 

 

   →次の曲 "People Under the Weather"