韻とアイデアほか

7割は合ってる / 誤訳の指摘は24時間お待ちしとります

【翻訳練習】Dr. Yen Lo - Day 0

f:id:Tachibuana:20210518100754p:plain

Dr. Yen Lo - Day 0

 

 わずと知れた東海岸における10年代の巨塔、Ka。その彼がいったん自我を抜け出し、62年の映画『The Manchurian Candidate(邦題:影なき狙撃者)』に登場する催眠術師Dr. Yen Loに扮して好き放題やるのが本曲"Day 0"収録のアルバム『Days with Dr. Yen Lo』です。

 内容は元の映画の本筋と関係ないものなんですが、原作のキャラクターがもつ冷酷さを彼特有の重厚なライムで動かしたり描写したりする...とあれば面白くならんわけがないですよね。ちょっとばかし同郷のRoc Marcianoに歩み寄った作と言えなくもない。

 

 そしてシネマティックなビートで舞台芸術をカバーするのはDJ Preservation!以前紹介したRob Sonicの有するクルー"Sonic Sum"に所属していた方ですね。90年代から現在まで活躍するというだけで素晴らしいですが、20年近く経ってもクラシック級を放つというのは尋常ではない。

 

 本曲はアルバムのイントロダクションということで、お得意のマルチライムをさらりと披露しながら、今回の盤のコンセプトをリスナーへ提示していきます。そしてこのムードよ!暗い暗い、たまらない!

 

 


[Intro]
Yes?
誰だ?
Yen Lo
イェン・ロー
Dr...an honor and a pleasure
ドクター...お目にかかれて光栄です

 


[Hook]
It's a new crop, we the crème thou
これは新しい作物、我々はリキュール
On their downswing we crescendo
彼らが落ちる上で我らはクレッシェンド
Blood, blood, blood what the pen flow
血、血、血(雫)、何というペンの流れ
To clear your haze, here some days with Yen Lo
靄を晴らすため、イェン・ローと数日を共にしよう

 

It's a new crop, we the crème thou
これは新しい作物、我々はリキュール
On their downswing we crescendo
彼らが落ちる上で我らはクレッシェンド
Blood, blood, blood what the pen flow
血、血、血(雫)、何というペンの流れ
To clear your haze, here some days with Yen Lo
靄を晴らすため、イェン・ローと数日を共にしよう

 


[Verse]
Was bopping through every possible obstacle
あらゆる危険な障害物飛び越えた
My options grew until the cops pursue
警察に追われぬうち選択肢が広がった
But I'm here to win they can't stop the flute
だが勝つためにここに居る、奴らはフルートを止めれない
All the kids nabbed, you was hostage too
子供達はみな捕らえられ、お前も人質にされたのさ

 

If you don't dig me it's no biggie I'ma keep the faith
探されないなら巨大でないということ、信仰を保つ
Streets be laced, it's a decent pace for a steeplechase
路地は絡みあい障害競走合った足並み
Evil days the most peligro ways to reach a safe
大抵の危うい選択無事を脅かす不吉な日々
Aso bloody, in the study we a peaceful race
血に染まる動脈硬化、学ぶとき我々は平和に競い合う

 

Wild plays, foul ways, blamming with the cannon
野蛮な遊び、汚い手口、大砲で爆ぜさせる
Strayed that's how I stayed, standing in the famine
脱線した、これが俺の繋ぎ止め方さ、飢餓をしのいでいる
Whenever in doubt the first one to get it out
最初のひとりが打ち明けたらすぐ疑い、
Thought cursed, till I ain't die of thirst in the drought
思考は呪われる、日照りの渇きに死ねないうちは

 

Here they quick to shoot you, my movie vague
今にもこいつらはお前を撃つぞ、俺の映画はぼやけている
Of course I'm sick. I was living through the plague
もちろん病んでるさ、疫病を生き抜いたんだ
Distraught talk of when I stalked as peasant
俺が小作農みたく追い詰める時の狂気の喋り
Still hot-headed from when I walked the desert
砂漠を歩いてからまだ怒りっぽいんだ(Hot headed/熱い頭)

 

Every step I had to rep, no thought was pleasant
全ての足跡を誇ってきた、無意識は楽しかった
Used to eat off of bird, now I'm off the pheasant
鳥を食ってきたものだが、今はキジを殺している
It's great to hold your own weight, no kickstand
自分の体重を支えるのはいいものだろう、支え無し
A big man could pull hisself out that quicksand
大物は自分を流砂から引き抜けるものさ

 


[Hook]
Blood, blood, blood what the pen flow
血、血、血、何というペンの流れ
What the pen flow
何というペンの流れ
It's a new crop, we the crème thou
これは新しい作物、我々はリキュール
To clear your haze, here some days with Yen Lo
靄を晴らすため、イェン・ローと数日を共にしよう
Yen Lo
イェン・ロー

 

The haze, you need a change
よ、変わるべきだ
What you seeing that, what you seeing that
何を見てるんだい、何を見てるんだい