韻とアイデアほか

7割は合ってる / 誤訳の指摘は24時間お待ちしとります

【翻訳練習】Blueprint - Not Sure Why I Came Back

f:id:Tachibuana:20220111111351p:plain

Blueprint - Not Sure Why I Came Back

 

 ントロが終わり、ようやく本編が始まります...悪漢2人組に襲われる2曲目"Not Sure Why I Came Back"。ストーリーテリングといえば! と言ってまず挙がる基本が情景描写なわけですが、ここでBlueprintは純粋な殴り合いに焦点を置き、腰を据え丁寧にデッサンしていきます。

 

 このアルバム、全体的にすごく地味なんですが、それが個人的に興味深いんですよね。ギャングスタラップのように銃や車のブランド名、金とセックス、ハリウッドさながらのアクション...そういったカラフルで分かりやすいものが無いんです。

 代わりにあるのが肉弾戦だったり、郊外の廃れた風景であったり。使ってる道具もナイフとかビデオカメラ、あげくマッチョなMCなら絶対使わなそうな唐辛子スプレーまで登場します。

 

 それがある意味での制約、面白さに繋がってるなと思いますね。露骨なギャングスタが遠慮されがちな日本などでも受け入れられそうな...いわゆる"イキリ"の感じない範囲のアウトローなのです。ちょっとダサいとも言う。

 これはBlueprint氏のギャングを好まない思想はもちろん、1曲目で宣言した"現実"をまさに反映しているってことなんですよね。こういう細かいところでコンセプトが一貫しているのがまたオツなんですよ...。

 

 曲単体では特にオチもない感じなんですが、後の展開の立ち上げとなっているのでゆるく読んでみてくだされ。

 

 

 

 

 

 

[Intro]
Still not sure why I came back
なぜ戻ってきたのかまだ分からない
Didn't feel a thing, just heard the "crack"
何も感じず、ただ"バキッ"という音が聞こえたんだ
Fell forward, then somebody hopped up on my back
うつ伏せに倒れると、誰かがに飛び乗るので
Shook 'em off my right side, then I heard an evil laugh
右に振り落としたのさ、すると邪悪な笑いが聞こえた

 


[Verse]
They're not fuckin around, pretty sure my wig is split
奴らが見当たらねえ、間違いなくカツラは割れてる
Turned around and seen 'em with the bottle that they hit me with
振り返ると、俺を殴った瓶を持つ連中を見つけた
That was the fat one, the other one was half his size
そいつはデブだった、もう片方はその半分のサイズ
Running at me full steam, fire burning in his eyes
全速力で走ってきて、に火を燃やしている

 

Not a fan of fighting, two on one is never wise
格闘は好きじゃないし、2対1は決して賢明じゃねえ
But I'm only here because I overheard that woman's cries
だが女の叫びが聞こえたからここに居るってだけ
Seen her legs hanging out from behind the dumpster
ゴミ箱の後ろから彼女の足が垂れてるのが見える
Interrupted when it was the fat one's time to fuck her
デブが犯すって時に遮ったわけだ

 

Caught a left, but didn't feel it through my gas mask
左側に喰らったが、ガスマスク越しじゃ何も感じねえ
Reached for my blade, arm blocked by my own bag
刃物に手を伸ばすと、自分のバッグに邪魔されちまった
That's when he caught me with the bottle, broke on impact
そいつは奴が瓶を喰らわせた時だった、衝撃で割れたさ
Glad it broke, cause if it didn't, probably would have been a wrap
割れてよかったよ、でなきゃ、おそらく簀巻きにされちまってたろう

 


Backpeddle for a second, try to clear my head
ちょいと後退して、頭の中を整理してみる
Caught a break when he telegraphed his right hand
ヤツの右手を読んで好機を掴んだ
I'm way taller so I slip it just by leaning back
俺はかなり背が高いから、後ろに傾くだけで転んじまう
Threw a kick at his knee, overheard the joint snap
奴の膝に蹴りを入れ、関節が折れるのを耳にした

 

Wanted to stomp him out no sooner than he hit the ground
地面に倒れるや否や踏みつぶしてやりたかった
But his boy was running at me, yelling with his pants down
子分が突っ込んできた、パンツ下ろして叫んでる
Still kicked him in his face right when he arrived
動かず奴の到着と同時、右頬を蹴り飛ばす
Saw the woman running out the corner of my eye
視界の端で女が逃げ去るのが見えた

 

This ain't supposed to happen on the night before christmas
こんなことがクリスマス前夜に起こるわけがねえ
He hesitated when he heard the sirens in the distance
遠くにサイレンが聞こえたとき、奴はためらった
I caught him slipping when he reached down to grab his pants
パンツを掴もうとしてすっ転んでるとこを捕らえ
Swung my blade at his face, but only caught him in his hand
ツラに刃を振りかざしたが、で受け止めさせるだけだった

 

 

   →次の曲"Graffiti Writer Killed"