韻とアイデアほか

7割は合ってる / 誤訳の指摘は24時間お待ちしとります

【翻訳練習】Mr. Lif - The World Without Music

f:id:Tachibuana:20220120105831p:plain

Mr. Lif - The World Without Music

 

 し世界から音楽が奪われたら――タワレコのスローガンではないですが、導入の2曲目『The World Without Music』でMr. Lif氏は、暗い雰囲気ただよう詩世界でこちらをディストピアへと引きずり込みます。

 

 情景描写ではなく、まるでボトルメールか、宇宙の向こうから来た片道の電波信号のような、絶望的な状況の吐露。こういう間接的な、ストーリーの住人による率直な語りによって、イルカやコウモリの超音波さながらに世界の輪郭を浮き上がらせるというのも面白いですね。アルバムの表現に多様性が生まれますし。音楽なし、言葉なし。果たしてこの世界の運命やいかに。

 

 このアルバムは視点が沢山あって、同じLif氏の声でも敵役だったり味方役だったり割とコロコロ変わるんですが、この曲の場合ただの一般市民を演じている様子。言葉の端々にどんよりとした諦めを感じます。

 

 

 

 

 

[Verse 1: Mr. Lif]
If you were the first one to hear a record crackle when the tape hits
もしお前が曲をかけ、レコードノイズを初めて聞いた人間なら
Tell me the things that you would do to relay this
こいつを広めるためにやるだろう事を教えてくれ
It feels like the revelation of a lifetime
そいつは一生に一度の大発見みたいな気分だぜ
A new way to build bonds with like-minds
気の合う友との新しい絆の築き方さ

 

Conversely imagine the world with no music
逆に音楽のない世界を想像してみてくれ
You heard the last note, you heard the last quote
最後のを聴き、最後の言葉を聞き
You heard the last record crackle when the tape hits
曲かけた時の最後のレコードノイズを聴いたら
What would you do to either change or escape this?
お前はこの状況を変えるか逃げ出すか、どっちにする?

 

Even nature felt the haul, consider the soul
自然ですら重荷を感じてるのさ、を見つめな
It dries rivers as we wither from withdrawal
俺たちが離脱症状で枯れるように川も乾いていく
The nighttime suffered the most and conquered the sun
夜中が最も苦しく、太陽は掌握され
The moon feared to even appear to anyone
月は人前に現れることすら恐れたのさ

 

Refusing to speak is mystique, it leave us asleep
会話拒否神秘的で、そいつは俺らを昏睡させ
With dreams that's less vivid you go to speak
鮮明でないで、お前はに行く
But creams of thoughts vanish, we lost a whole language
だが思考泡は消え、俺らは言語すべてを失った
You can't see him drop to his knees, so you could manage
奴がひざまずくなんて拝めないから、なんとかやっていくしかないのさ

 


[Verse 2: Mr. Lif]
If you decide to speak art to bleed hearts
もしお前が血を通わせ芸術を語り
And repaint the faint of colorful thoughts
多彩でかすれた思考を塗り替えると決めたなら
The residue manifest has a view
宣言書の燃えカスが展望を持つ
Of the world you once knew with the (check - one, two)
- お前がかつて知っていた世界の――(チェック、ワンツー

 

Rivers replenish to the point they seem endless
川は果てなく続くと見えるほど満たされ
The summer's independent, no dilemma for the heavens
夏は干渉されず天国へのジレンマもない
A pleasant twist as the mist started to lift
霧が晴れ始めるにつれ清々しい展開に
The granted wish if you had a man to bliss
望みの成就は、祝福された男を殺したらだ

 

If music returns I heard the man who puts planets in urns
音楽が戻ってくるなら星を骨壺に入れた男の話を聞いたろうな
Felt this planet been foiled and thus he granted the soil
この星が失敗したと感じ、ゆえ彼は土を被せたのさ
From that root of new boombap to slap you
- お前を感動させる新たなブーンバップの根から
Maybe you'll cherish life's beauty in act two
お前が人生の第二幕で美を抱けることを願うよ

 

 

   →次の曲"The Scribe"