韻とアイデアほか

7割は合ってる / 誤訳の指摘は24時間お待ちしとります

【翻訳練習】Mr. Lif - The Gentle End

f:id:Tachibuana:20220120105716p:plain

Mr. Lif - The Gentle End

 

 メリカ国会議事堂前でガッツポーズを取ってみせるLif氏。さながら権力者といった趣ですね。というわけで6曲目"Gentle End"ではディストピアの絶対強者たる王となって、ダークソウルの太陽教みたいな歪んだ正義を説きます。

 

 ストーリーもののアルバムだと、ボースト系のラップを収録するために敵役視点でスピットするってことがよくありますよね。同じSFモノのDeltron 3030だと"Virus"とか、既に紹介した中ではAesop Rockの"Save Yourself"とかも同じ系譜だと思います。MCたちの盤を面白くするための長年の努力が、こういう所で見られるのは歴史って感じですこですね。

 

 通常のボースト系のラインとは別に、"ブリティッシュコロンビア州を粉砕"、"トーテム族(同B.C.州のトーテム信仰のある部族)に担がせて運ぶ"とあるので、恐らく本作の王の設定には「インディアンの土地を入植者から奪還した男」という背景も含まれていると思われます。

 

 しかしそれを実現する方法としての強権の誇示、そしてその悪性を謳うあたり、Lif氏のリアリストとしての哀愁を感じますね。奪い返すことはできる。しかし、それが実現したとき、もうそこに自由はない...この2022年の世界情勢、つまり自由主義VS強権主義の構図を思わずにはいられません。

 

 

 

 

 

[Verse 1: Mr. Lif]
So you wanna own a Lamborghini?
でお前はランボルギーニが欲しいってわけだ?
I push a military tank with the turret tagged a bit
俺は砲付きの落書きされた軍用戦車を走らせるぜ
I´m accurate, my interior's immaculate
俺は事細かで、内装は完璧
Brains and eyeballs are my ex-rivals
脳と眼球かつてのライバル

 

My arrival is liable to be considered tribal
俺の到着部族的と見なされがち
If I'm sitting idle I may script the Bible
もしボケっと座ってたら聖書でも書くかもな
Fuck your martyr
殉教者なんてクソだね
Intimidate the moon and call the dawn up
月を威嚇し、夜明けを呼び起こすぜ
Prematurely, it's mega early
時期尚早に、異常に早く

 

Jumping jacks for calisthenics
自重トレーニングにジャンプ運動
To you hyper-extended, now who's the lucky medic?
一日を引き延ばしてやるよ、さあ幸せの薬とは誰だい?
Couldn't be me, razor sharp CD, incision in your vision
俺になろうったって無駄だぜレーザーCD思想を裂いてやる
Lesson learned, you getting burned, the nigga in your wisdom
教訓を学び燃やされたお前の知恵たるニガ

 

A part of you is scarred of you
お前の一部お前の傷なのさ
Know what I'm star to do?
俺が何やってのけたか分かるか?
Rip the U.S., crushed British Columbia
アメリカを破壊し、ブリティッシュコロンビア州を粉砕したのさ
The seas summoner of the earth, crush crumbler
地球に波を起こす者粉砕機を粉砕
Become the sun to ya, prop you up and plummel ya
お前の太陽になって、支え、ぶん殴ってやる

 


[Hook: Mr. Lif]
Fuck the plight, all we do is shine light
苦境なんてクソ喰らえ光を照らすまでだよ
Fuck the plight, all we do is shine light
苦境なんてクソ喰らえ光を照らすまでだよ

 

Fuck the plight, all we do is shine light
苦境なんてクソ喰らえ光を照らすまでだよ
We keeping only beauty in our eyesight
綺麗さだけをに焼き付けるのさ

 

Fuck the plight, all we do is shine light
苦境なんてクソ喰らえ光を照らすまでだよ
Fuck the plight, all we do is shine light
苦境なんてクソ喰らえ光を照らすまでだよ

 

Fuck the plight, all we do is shine light
苦境なんてクソ喰らえ光を照らすまでだよ
We keeping only beauty in our eyesight
綺麗さだけをに焼き付けるのさ

 

 

[Verse 2: Mr. Lif]
We run loops around you then surround you
俺らは周りをぐるぐる回ってお前を取り囲み
When they found you your tombstone blessed with one poem
奴らが見つけりゃ、お前の墓石は1篇の詩で祝福される
During the creation of earth from God's doom
神の運命によって地球が創造される中
Left the most beautiful words we've ever known
俺らの知る内で一番美しい言葉を残させるぜ

 

And 45 languages for you to observe
そして45の言語を祝いに贈るよ
But soon as you start to feel it out we blocking your nerves
だが少しでも感じ入ったら、すぐにでも神経を遮断して
We soon to blow, wait until you hear my human flow
間髪入れず吹き飛ばし、お前が人間的なフローを聴くのを待つ
But people assume I'm here to welcome any new recuirt
だが人々は新入りを迎えてるとでも思い込むさ

 

I find 'em and overwrite them
見つけて上書き
Explode 'em then I tote 'em on my totems
爆発させてトーテム族担がせて運ぶ
So you can digitalize it, download 'em
お前はモノクロ化し、道を下るってわけだ
We twirl cities like drumsticks where the king's son sits
俺の息子が待つ鶏足みたく街を回す
Ear to the throne, fiddling your toes
王座に耳を傾け、腿肉をいじるのさ

 

Just like his predecessor, never let the pressure get ya
彼の前任者として、決してプレッシャーを与えずに
Like strolling on a real hot day rocking a sweater
暑い日にセーターを着て散歩するように
What the fuck is you doing?
クソなことしてるって?
Don't you see the world is brewing?
世界が良くなってるのが分かんねえか?
That's why I'm here, smoking a spliff, build in what grew is
それが俺の居る理由だよ、スプリフを吸い、育む物を取り込むのさ

 


[Hook: Mr. Lif]

Fuck the plight, all we do is shine light
苦境なんてクソ喰らえ光を照らすまでだよ
Fuck the plight, all we do is shine light
苦境なんてクソ喰らえ光を照らすまでだよ

 

Fuck the plight, all we do is shine light
苦境なんてクソ喰らえ光を照らすまでだよ
We keeping only beauty in our eyesight
綺麗さだけをに焼き付けるのさ

 

Fuck the plight, all we do is shine light
苦境なんてクソ喰らえ光を照らすまでだよ
Fuck the plight, all we do is shine light
苦境なんてクソ喰らえ光を照らすまでだよ

 

Fuck the plight, all we do is shine light
苦境なんてクソ喰らえ光を照らすまでだよ
We keeping only beauty in our eyesight
綺麗さだけをに焼き付けるのさ

 

 

   →次の曲"The Perfect World Radio Hour: Day 341"