韻とアイデアほか

7割は合ってる / 誤訳の指摘は24時間お待ちしとります

【翻訳練習】Aesop Rock - The Tugboat Complex Pt.3

f:id:Tachibuana:20220306033329p:plain

Aesop Rock - The Tugboat Complex Pt.3

 て、これまで紹介した数曲でエイサップ・ロック氏の畜生ぶりはよく分かっていただけたかと思いますが、その畜生成分だけ抽出して結晶になるまで煮詰めたのが本曲になります。

 

 アルバム7曲目"The Tugboat Complex Pt.3"は見たとおり、旧作でぽつぽつ続いていたシリーズの3作目ですね。タグボートというのは自分よりはるかに大きい船を牽引するための小舟で、その身体に見合わない強烈な馬力を搭載しています。しかしトルク重視の設計のため速度は出ず、エイサップ氏はこれにからめ"こき使われる下っ端コンプレックス"として曲にしてるわけですね。

 

 といえば聞こえはいいんですが、要約すればバトルライムを通して数十通りの「負け犬は傷を舐め合ってな」が表現されてるだけなので、あまり深く考える必要もないでしょう。よくもまあHookもなしにこんな鬼畜の所業をやってのけるものですわ...

 

 

 

 

 

 

[Verse]
I could make 'em all dance, or I can sleep
俺は皆を踊らせれるし、眠れる
I can walk with a limp and make your step feel incomplete
足を引きずって歩き、お前の足取りをぎこちなくもできるさ
People are made of match sticks, life is bred of flames
人はマッチ棒でできてて、人生は炎で育まれる
Noted the craft work bore the last smirk of the Damien mainframe
手工芸がダミアンの巨大PCに最後の笑みをくり抜くとこを書き留めな

 

My boxcar siphons third rail juice from lost poets
俺の貨物車が、消えた詩人から第三軌条の電力を吸い上げる
Inhabit ocean bottom with a bin of rotten scapegoat pardons Note to self:
腐ったスケープゴートの赦免証が入った瓶と海底に住んでるんだ、紙には:
Don't bargain at martyr parliament rallies
"参加者が最後の笑いを絞り出し、放尿で生贄にフィナーレする -
Where participants squeeze in last giggle then widdle sacrificial finales
- 殉教者議会のラリーでバーゲンするのはやめよう"

 

I can tie my bootlaces alone, save the knee deep offerings
一人で靴紐を結べるから、膝まであるお供えは節約できる
Sorta brings you coughing bunk persona to light
咳をする寝台の人物像が浮かび上がってくるようだ
I might, Build anti-malignant railroads, find you, and lay tracks adjacent
対悪性腫瘍鉄道を作り、アンタを見つけ線路に沿って横たわらせるかもね
Just to scream "fuck off" as the engine pulls out the station
駅に停車したエンジンみたく"くたばれ"と叫ばせるためだけに

 

What should we do with a thousand drunken sailors?
千人の酔った船員をどうしたらいいだろうか?
"Kill 'em all, locate their family address, release a mailer:"
"皆殺しにして、家族の住所を特定し、保護封筒を送れ"
(Dear Sir or Madame, your son or daughter's embarrassed humankind
拝啓ご両親、ご子息、ご令嬢の皆さま、人類に恥をかかせてしまいました
Consuming booze and gut-fuel, till their cruise had crossed the line)
酒と胃の燃料を消費し、クルーズの一線を越えたばかりに)

 

I spin gold
俺は金を紡ぎ
He bats a dirty lash toward the nursery class act impressionable bubble
彼は園児の多感な空想に対し、汚れる酒を叩き割る
(Y'all could've been more subtle when polluting paradise gene puddle)
(楽園の遺伝子溜りを汚すなら、もっと繊細にできたはずだ)
Man, huddles make us look like cool peeps and I'm trying to school sheep
なあ、群れは俺たちを良く見せるが、俺は羊を教育しようとしてるんだ
Toward the right idea, see ya
正しい考えに向かってね、それじゃあ

 


This basic divine subsidiary buffs gunner syllable logic, fold origami
このつまらん従属的神が砲手の音節理論を磨き、折り紙を畳む
Plantation shut
入植地は閉鎖
Does this picket fence hang on to your dreams kitten?
この哨兵の網がキミのにぶら下がってるのか、ネコちゃん?
You'll probably never hear this song
この曲を聴くことは無いだろうな
Let alone sip the mission long enough to listen
ましてや布教を味わう程に聞くなんてね

 

(I smoke cigarettes down to filter, smoke the filter down to space
(俺は煙草をフィルターまで吸い、フィルターを空間になるまで吸う
Now I'm gonna roll this question tight and smoke that shit up in your face
いまこの質問をきつく巻き、アンタの顔にそのクソを吐き出すつもりだ
Now if you were to alter masks every time fame circus approaches
名声のサーカスが近づくたびマスクを変えていたら
Do you really think your maker wouldn't notice?)
お前の支払人は気付かないと本気で思ってるのか?」)

 

Okay, I've died a thousand, and I'll die a thousand more
よろしい、俺は何千回も死んだ、そしてさらに何千回も死ぬ
I leave footprints in fours, two for bipeds, two more to break the door
足跡は4つ、2つは二足用、もう2つはドアを破るのに残すぜ
You can practically caress the utterings of crushed by drudgery
アンタは徒労に潰された発語を愛撫できる
Brothers and sisters mothering stickler cabinet, mad and shit
兄弟姉妹の母性的固執内閣、狂気とクソ

 

I'll fix your wing for a penny and a parable
1ペニーと寓話で君の翼を治してやろう
Yeah, but this friendship sunk with a barrel full of tarots pulled
ああ、でもこの友情は引いたタロットでぱんぱんの樽ごと沈めたんだ
Snake eyes harbor bad shiners
蛇の目に邪悪な宝石が宿り
Then wonder why the cauldron sitting at the their rainbows ending
なぜ虹の終わりに釜が座ってるか不思議がって
Rocks garbage bag liners
ゴミ袋の定期便を揺らす

 

I sat to breathe
座って呼吸する
Adam and Even without the Apple seed's useless
リンゴの種がないアダムとイーブンは役立たず
(I sat to breathe) Bashful boredom crafts a castle out of toothpicks
(座って呼吸する)人見知りの退屈が爪楊枝で城を作る
(I sat to breathe) I breathed too hard nearly, metamorph castle loose pins
(座って呼吸する)息が荒くなるとこだった、ピンの緩んだ城を変形しろ
Now I stand to breath as not to disturb the plumage
今、俺は羽を邪魔することなく立って呼吸する

 

And I know that sob story, it no longer turns my stomach
でその泣ける話も、もう腹下さない程度には知ってるぜ
Hollering wolf in the form of one frustrated culprit
挫折した犯人の姿した狼が吠えてるぜ
Caught a love tap full of washed up stardom, melted trying to milk it
見込みなきスターダムを軽く手に取り、溶かして絞ろうとしな
Win a ticket to ride white lines highway sideways knelt it, smelt it
"白いライン"したハイウェイ側道に乗るチケットに当選し跪け、嗅げ

 

One love to the rungs in my ladder
じゃあな梯子の横木
One love to the gathering of laughter bats that hung from my rafters
じゃあな垂木にぶら下がった笑うコウモリの群れども
See the jackal met the badger, they were both such fucking bad asses
ジャッカルアナグマと出会って、お互いクソな悪党だと知る
That clashing wouldn't make sense (hence my tape deck)
その衝突意味をなさない(だからテープデッキがある)

 

Now I ain't gonna name names, and I ain't gonna drag others in
いま名前を挙げるつもりはない、他人を巻き込むつもりも
But I ain't about to say that I'm the only catch you got bubbling
だがアンタに泡吹かせるキャッチが俺一人と言うつもりはない
You're lucky, somehow you've managed to befriend some good people
ラッキーだな、どうにか善人たちと仲良くなれたようだ -
Who will sit and soak the evils you secrete, but why? I'm not really sure
- アンタの隠す悪をとがめ、いましめる奴らとね、でもなぜ?よく分からん

 


(Knock knock. Fuck off. Kicking his lip across the floor
もしもし、くたばれ床越し唇に足蹴りしてやる
'til the archival vinyl venom soak the lure
- 史料館のレコードの毒が釣り餌に飛び込むまでな
Anti-clarity mechanism spit flattery burners
反・明瞭メカニズムがお世辞のバーナーを吐き出すぜ
Fusing a million majesty murders, then stole your crown)
百万の威厳ある殺人を融合する、次は王冠を奪われな)

 

Oh wait, that's right, you discovered me right?
おお待て、その通り、見つけたのはアンタだろ?
Offered up the peace pipe
ピースパイプを捧げな
Then oh, it's all cotton candy when Aesop rocked a b-line
するとおお、エイサップが簡潔な行を使うとそいつは綿アメになる
He's acting foolish left in the middle of laying bricks
奴はレンガを積んでる最中に逃避というバカを起こしてるじゃないか
(but we weren't building nothing but a great wall around these stones and sticks)
(でもこの石との周りに大きな壁を作ってたわけじゃないもの)

 

Oh and for the record I've been rhyming since me and Andre thought we could freestyle
おお、でハッキリ言うが、俺はアンドレ即興やれると思った時から韻踏んでるんだ
Built foundation out passion and brother's dusty Tascam
情熱と兄弟の埃まみれのタスカムで基礎を築いた
Studied dope rappers, vocab expansion, poems, syllable placement
ドープなラッパー、語彙の拡張、詩、音節の配置を研究した
You just mad because somewhere in there you came and went
お前はただどっかから来て去ったってだけでキレてやがる

 

(And I ain't the type to dwell) Dismissed it as casually non-compatible and bounced
(で俺はくよくよする方じゃない)さりげなく相容れないと割り切り、退ける
Obtained status where I could straight objectively critique your after projects like
お前の音源をまっすぐ客観的に批評し立場を取る、様は
"Oh that sounds fresh"
"こんな聴いたことない"
or 
つまり
"Damn that shit is garbage, what happened? I'm not even laughing"
"おいこのクソはゴミだ、何が起きた笑えすらしない"

 

Yeah, but the barriers were broken (you choked)
ああ、でもバリアは壊れちまった(窒息したな)
You choked a few comments to the wrong Vulcan who out of respect and honor leaked your program
尊厳と名誉のため予定をリークした故障中のバルカン人コメント群に窒息したな
Now like were, both trying to sit and breathe another dawn so my advice
さて、お互い違う夜明けを迎えようとしてるから助言するよ
To you is when I say "move on" just move on
俺が"前へ進め"と言ったら前へ進め

 

 

 

   →次の曲"Coma"