韻とアイデアほか

7割は合ってる / 誤訳の指摘は24時間お待ちしとります

【翻訳練習】Jam Baxter - Blink Twice For Yes

f:id:Tachibuana:20220223122302p:plain

Jam Baxter - Blink Twice For Yes

 

 外旅行といえば――地元では人目を気にして憚られる風俗巡りですよね!知らんけどな!日本人のオッサンどもが東南アジアで放蕩を繰り返す、なんて話はよく聞きますが、バクスターおじさんも例外ではありません。

 

 3曲目"Blink Twice For Yes"は、メキシコ旅行中に女遊びするJam氏の様子が描かれる曲です。"二回まばたけ"という意味ですが、観光客に言葉があんまり通じないゆえ、そういうルールが設けられてるのだと思われます。最初のHookが謎めいてますが、またしてもコンドームの装着を歪曲表現してるだけです。

 

 バース1最初の行から禁酒令中であることが伺えるんですが、面白いのがその後の行。住居から"溶けて"玄関を抜けるという。

 

 これも彼の持ち技のひとつ、いわゆるマジックリアリズム、魔術的リアリズムと呼ばれる表現技法です。"現実世界で起きないことが起こる"わけですが、こう定義するとファンタジーと混同されがちです。しかしこの手法はあくまで現実をベースとして奇怪なことが起きる/起こすという違いがあります。

 

 それらは当事者にとって奇跡として処理されることもありますが、もっぱらモンティパイソンやバスター・キートン、またはヒッチコックの『ハリーの災難』のようなアンダーステイトメント(控えめの表現)に近い反応を通し、ごく自然の出来事として受け取られる形で描写されます("ごく普通"ではなく、"自然"であるのが大事)。

 

 コツのひとつめとして重要なのは、この魔術的リアリズムは何が起きたかより、どんな舞台や背景を用意できているかに依拠しているというトコですね。例えばこの"壁抜け"がホグワーツで起きればファンタジーですし、夜の精神病院で起きればホラーになるわけです。

 

 これが超人のいない(つまり勧善懲悪のない)朝の新宿駅だと魔術的リアリズムになるんですが、難しいのはこれが超人同士のバトルが起きるような世界であれば、ただのアクションものになってしまいますよね。

 なので前提として(相互干渉があるにしても)、登場人物はおおむね市民と同じ常識や日課を共有している必要があります。それが前述したアンダーステイトメント的な反応に繋がるわけですね。露骨なリアクションは差し引かれなければならないのです。

 

 またもうひとつ押さえておきたいのは、この魔術的リアリズムで際立たせるのは、比重としてキャラクターより舞台の方が大きくあると良いということです。

 

 そもそもこの魔術的リアリズムというのは20世紀のラテンアメリカ文学で発展した手法で、彼らの地元、いわゆる第三世界の貧困、荒涼とした土地、クーデターや軍事政権など、奇特さあふれる環境を強調するために(ある種のレペゼン意識で)この技術は発展しました。

 

 代表作を見てみても、ガルシア・マルケス『百年の孤独』はコロンビアの架空の街マコンド、カルペンティエル『失われた足跡』ベネズエラのオノリコ河、フアン・ルルフォの『ペドロ・パラモ』はメキシコのコマラという小さな町が舞台となっております。ビバ・ラテンアメリカ

 

 それぞれの舞台で奇妙なことが起こるんですが、共通してるのは魔術的リアリズムが「人物でなく舞台そのものにキャラクター性を加えていく」ということです。あらゆる不可思議が、能力でなく、その土地がもつ現象によって起こる/できるという点ですね。なので、舞台がごく限定的、または閉鎖的(ローカル)であることが強調されていると魔術的リアリズム度が高まるのです。ここを押さえるとポイント高いですね。

 

 ちょっとのさじ加減であっさりファンタジーへと破綻してしまうので、見かけ以上にけっこう難しい手法だったりします。イメージとして近いのは「戦闘のないジョジョ4部」って感じでしょうか。これもいささか不適当な説明ではあるんですが、日本で身近な例だとそんな所だと思います。

 

 

 奇しくもJam Baxterが旅行に訪れたのもメキシコ、つまりラテンアメリカで、このローカル/秘境性というポイントをクリアしてますね。よくもふさわしい人がふさわしい地に降り立ったもんだなと思います。

 

 とはいえ彼の技術はシュルレアリスム幻想文学の方にも大きく根を伸ばしていて、一概に「この技法の作家だ!」とは言えないんですがね。前置きが長すぎました!曲をどうぞ。

 

 

 

 

 

[Hook]
We were all set to burst
俺らは放つよう出来てた
Skin tightly stretched
皮膚をしっかり伸ばし
Dragged out the sewers
下水道から引き出して
Drip-dried and dressed
乾燥させ着せろ

 

Let the darkness massage us
闇に揉まれようか
Midnight's caress
闇夜が抱いてくれる
Are we still having fun here?
まだここで楽しめるか?
Blink twice for yes
Yesなら2回まばたけ

 

We were all set to burst
俺らは放つよう出来てた
Skin tightly stretched
皮膚をしっかり伸ばし
Dragged out the sewers
下水道から引き出して
Drip-dried and dressed
乾燥させ着せろ

 

Let the darkness massage us
闇に揉まれようか
Midnight's caress
闇夜が抱いてくれる
Are we still having fun here?
まだここで楽しめるか?
Blink twice for yes
Yesなら2回まばたけ

 


[Verse 1]
We fought tooth and nail for the final slug of gin
俺たちはジンの最後の一滴をめぐり大乱闘し
The murky pools of reason in my eyes were running thin
の中で血の正気さが薄くなっていった
I just melted through the front door
玄関を溶けて抜ける
It's fine, I'm coming in
構わない、入れる
I was drifting in to madness on a tiny rubber ring
俺は小さなゴムの輪で狂気の世界を漂っていった

 

My dreams were all huddled on the fire escape, sneaking bumps
俺の野望が非常階段に身を寄せ、密かにぶつかり
My head was in the desert with its eighty children, eating brunch
頭の方は砂漠で80人のガキとブランチを摂っていた
The barstool slipped on a fresh pair of steaming drunks
キレた酔っ払いのペアにバーの椅子を見舞う
They greeted every poison like a son they hadn't seen in months
奴らはどんな毒も数か月ぶりの息子みたく迎えた

 

On the knife edge we chewed the fat with extra relish
ナイフの刃に脂をうまそうに食わせ
The sky was thick with grease and gristle and these ends are hellish
空は脂と肉で厚く、その果ては地獄みたい
Our limbs are bundled in to boxes and condemned to perish
手足は箱に束ねられ、滅びる運命にある
Your flesh becomes a set of stories that your friends embellish
お前の肉は、友人が飾る物語のセットになるぜ

 

I refuse to stay but I ain't moving either
俺は留まるのを拒否するが、移動もせず
I sat and stirred my Cuba Libre with a human femur
座って自分のキューバリブレヒトの大腿骨を攪拌した
Stare up in awe, he's hovering above the law
畏敬の念で見上げな、彼は法の上をさ迷ってる
A smattering of stunned applause ripples round a huge arena
呆然とした拍手が巨大なアリーナを包み込むぜ

 


[Chorus]
Slyly sipping looking semi-assembled
寄せ集めでぐびぐび飲んで
A squirming sacrifice is slipping off the edge of the temple
身をよじる生贄が神殿の縁から滑り落ちかけて
We style it out
える

 

Somehow landing upright
どうにか直立で着地し
shaking off the dust mites
ダニを振り払って
frothing at the mouth
から泡を吹く

 

Human fly with the extendable sucker
伸縮自在の吸盤を持つヒトデ
Rubbing his hands together, still down to his leg in the butter
彼は両手をこすり合わせ、足までバターに浸かったまま
We style it out
力する

 

Somehow landing upright
どうにか直立で着地し
shaking off the dust mites
ダニを振り払って
frothing at the mouth
から泡を吹く

 

 

[Verse 2]
Temper like a bloodhound
ブラッドハウンド気質で
Limping on his back leg
後ろ足を引きずり
Sane as the village witch
村の魔女みたく正気で
Solid as a cracked deck
割れたデッキくらい堅い
Tell me where your week went
この週どこ行ったか聞かせろ
How'd you eat the whole thing?
どう全部たいらげた?
Shackles on his right foot
カレの右足に枷して
Lesions on his cold skin
冷たい皮膚には病変

 

You just found your soul mate
親友を見つけたんだぜ
Kissing on a tin can
ブリキ缶にキスしな
Coughing up a storm cloud
雷雲を咳き込む
Signal from the wigwam
テントからのシグナルだ
Liquor from the oil fire
油火災の酒
Panic in the sweat lodge
汗ばむ山荘のパニック
Snuffing every flame out
全ての炎を消し去る
'Scuse me, can my friends watch?
"失礼、友達に見せても?"

 

Cool
良いね
A talking piglet from a children's novel
児童文学の喋る豚だ
Stranded in a human hall of mirrors playing spin the bottle
人間鏡の回廊に取り残され、瓶回して遊んでる
Crowned himself at four A.M
午前四時に王冠を被り
His trusted rats begin to grovel
彼が信頼を置くネズミはひれ伏し始める
Bought a soul in racing green and swapped it for the crimson model
レーシング・グリーンの魂を買ってクリムゾンモデルと交換するぜ

 

Chicks in the wings, knives hidden in their sequin gowns
翼を持つヒヨコたち、スパンコールのガウンナイフを隠してる
Flabby men in pink shirts, brawling on your breeding grounds
ピンクシャツ着た無気力がお前の繁殖場で取っ組み合い
The bugs ran riot in your bloodstream, squeezing rounds
虫が血流で暴れまわり、弾を絞り出す
When duty calls all I hear is heavy breathing sounds
任務の時、聞こえるのは激しい呼吸音だけ

 

 

[Chorus]
Slyly sipping looking semi-assembled
寄せ集めでぐびぐび飲んで
A squirming sacrifice is slipping off the edge of the temple
身をよじる生贄が神殿の縁から滑り落ちかけて
We style it out
える

 

Somehow landing upright
どうにか直立で着地し
shaking off the dust mites
ダニを振り払って
frothing at the mouth
から泡を吹く

 

Human fly with the extendable sucker
伸縮自在の吸盤を持つヒトデ
Rubbing his hands together, still down to his leg in the butter
彼は両手をこすり合わせ、足までバターに浸かったまま
We style it out
力する

 

Somehow landing upright
どうにか直立で着地し
shaking off the dust mites
ダニを振り払って
frothing at the mouth
から泡を吹く

 

 

[Hook]
We were all set to burst
俺らは放つよう出来てた
Skin tightly stretched
皮膚をしっかり伸ばし
Dragged out the sewers
下水道から引き出して
Drip-dried and dressed
乾燥させ着せろ

 

Let the darkness massage us
闇に揉まれようか
Midnight's caress
闇夜が抱いてくれる
Are we still having fun here?
まだここで楽しめるか?
Blink twice for yes
Yesなら2回まばたけ

 

We were all set to burst
俺らは放つよう出来てた
Skin tightly stretched
皮膚をしっかり伸ばし
Dragged out the sewers
下水道から引き出して
Drip-dried and dressed
乾燥させ着せろ

 

Let the darkness massage us
闇に揉まれようか
Midnight's caress
闇夜が抱いてくれる
Are we still having fun here?
まだここで楽しめるか?
Oi, blink twice for yes
おい、Yesなら2回まばたけ

 

 

 

 

   →次の曲"Mama Cuishe"