韻とアイデアほか

7割は合ってる / 誤訳の指摘は24時間お待ちしとります

【翻訳練習】Jam Baxter - Go On

f:id:Tachibuana:20220223121956p:plain

Jam Baxter - Go On

 22/04/28 解説を追記しました。

 

My days come in an impressive range of flavours
自由がある種の印象的香りでやってくる
Turn this sleepy town into a thousand flaming acres 
この眠った街を1000エーカーの火の海に変えろ
Look kids, we made the papers!
見ろガキども、"紙"を作ったぜ!
Yeah look kids, we made the papers!
ああ見ろガキども、"紙"を作ったぜ!

   ――Jam Baxter 『Knee In Face』

 て6曲目"Go On(続けろ)"では、ついに彼のコ〇ナワ〇チンに対する見解が(間接的に)披露されてしまいます。ワ〇チンというより政府への懐疑ですかね。バース中に一定間隔で挟まる"Do it"は「ワ〇チンを刺せ」という意味かと思われますね。

(※)いちおう書いておきますが、彼の意見とこの記事の筆者のものが同じであるとは捉えないでください。筆者はワクチン2回摂取済みです。

 

 あとこの曲では例によって、いくつか他の曲にリンクするラインがあるのでその辺りも押さえておきましょう。"冷えたグレーの水に飛び込んじまえ"は次の曲に、"そこの全員の身長は約1センチ"はさらに次の曲に繋がってます。

 

 そしてもうひとつ気がかりなのが...この曲、Jam Baxterが元いたレーベル、High Focusを揶揄してるようにも聞こえるんですよね。

 

 記事冒頭のラインは、彼が移籍後の21年に発表した曲("顔に膝蹴り")のリリックなんですが、このリリック、どう見ても元いたレーベルに向けてるとしか思えません。"紙"というのは「①カネのお札」と「②新聞」のダブルミーニングなんですが、これが「①移籍してようやく稼げるようになったぜ!」と「②お前ら酷い契約だって知らなかったろ?」という含みを持ってるのではないかなと。

 

 そう考えると、彼の言う"子"というのが、コ〇ナウィ〇スの他に「実態を知らずにHigh Focusに入ってきた新人MCたち」を指してるように聞こえてくるんですよね。とはいえ彼は22年現在もHigh Focusのイベントに出ているので、真相は謎のままです。

 

 ※22/04/28 追記

 やっぱりHigh Focusの件は黒だったみたいですね。Dirty Dike氏の新曲記事に詳しいことを書いたので、興味があればぜひ一読ください。

 

 

 

 

 

 

[Intro]
They stole your soul from you
お前のは盗まれた
Yeah
ああ

 

Do what you're told to do
言われたことをやれ
Yeah
ああ

 

The skies were golden brown
空は黄金色だった
(Brown)
(黄)

 

 

(Do it)
(やれ)

 


[Verse 1]
Keep pulling them faces
奴らの顔を引きつらせる
The camera's still rolling
カメラはまだ回ってて
They paused to add more sweat 
止めてもっと汗をかく
to the big blue veins on his forehead bulging
- 額に大きな青い静脈を膨らませて

 

Last night was eventful
夜は色々あった
They found him frothing at the mouth in central
奴は中央区で泡吹いて見つかり
A trembling finger, a few gritted teeth
震える指、食いしばる歯
and a gun barrel pressed to his temple
コメカミへ銃身を当てられ

 

(Do it)
(やれ)

 

How's hell? I hear its crazy
地獄はどうだ? ヤバいと聞く
He's mugged every night by a jeering baby
奴は毎晩あざける赤子に襲われ
His mind was creaking victorian circus 
心はきしみビクトリア朝サーカス
with siamese twins and a bearded lady
シャム双生児白髪女付きだ

 

They wheeled him out in a cheap display case
奴は安い展示ケースで運び出され
A swamp child tied up and dragged to dry land
押し寄せる子は縛られ荒野へ引きずられた
The crowd stood back try'na keep a straight face
観客は真顔のまま立ちすくみ
He sharpened the shank in his right hand
彼は右手のナイフを研いだ

 

(Do it)
(やれ)

 

Are these your people asleep here?
ここで寝てんのはお前のダチか?
Eyes boiled in a litre of cheap beer
リットルの安ビールで茹でた目して
His forehead read: "Crime scene, keep clear"
額には字: "殺人現場"
One rat tail droops out of each ear
両耳から鼠の尾が垂れている

 

I've lived a life you're scared to
お前が怖がる人生を送ってきた
Cold steel scalp and a barbed wire hairdo
冷えた鉄の頭皮と有刺鉄線ヘア
How many worlds can my stained teeth tear through?
俺の汚れた歯はいくつ夢を裂くかな?
Wipe my smile off, I dare you
笑顔を払拭してみな

 

(Do it)
(やれ)

 

 

Waiting for your swivelling, mechanical head to malfunction
お前の回る機械的頭の故障を待ってるよ
You are not smothered in blood it's just London
お前は血にまみれちゃない、そりゃロンドンの方
The whole truth hit him, the freezing winds slumped him
全事実が奴を襲い、冬風がのけぞらせる

 

Here is all the carnage, you cat fought?
こりゃ虐殺だ、キャットファイトでもさせたのか?
Good luck keeping the kids calm
子供が落ち着くことを祈るぜ
Shrivelled up tongue in a slack jaw
たるんだ顎に縮こまった舌
Little white pill in a pink palm
ピンクの手に白い錠剤

 

(Do it)
(やれ)

 


[Hook]
The thieves were sneaking round us
泥棒が近くに潜んで
They stole your soul from you
お前の魂は盗まれた
Slip on your second skin and
第二の皮膚をまとい
Do what your told to do
言われたことをやれ

 

You saw the pavement burning
お前は燃える舗道を見た
The skies were golden brown
空は黄金色だった
We heard the whispers, you just
囁きを聞き、お前はもう
Could never hold them down
奴らを抑え込めない

 

(Do it)
(やれ)

 


[Verse 2]
The cooler the winter, the sweeter the high
冬が寒いほど、ハイは甘く
You were looking like you did a whole G on the sly
お前は隠れて悪事をやったみたく見えた
Drift through the darkness you see in my eyes
俺の瞳の闇をよぎっていけ
Like every last star had got free of the sky
死ぬ星が空の自由を得たみたいに

 

They poisoned your piece of the pie
奴らは切ったパイに毒を盛った
Fill 'em full of downers and leave 'em to die
ダウナー系で満たして死ぬまで放置
Dig through their pockets with a manicured fingernail
マニキュア塗った爪でポッケを探って
Flick through your chequebook and neaten your tie
小切手帳をめくりネクタイを整えろ

 

(Do it)
(やれ)

 

Saw him out celebrating the windfall
奴が大金を祝うのを見た
Every man there was roughly an inch tall
そこの全員の身長は約1センチ
The sides of their mouths kept oozing
口の両端は血で滲み
The smell made every last scab on my skin crawl
臭いで俺のカサブタが剥げた

 

A few drug crazed gods played pinball
ヤク中の神々がピンボールで遊び
Little men bounce in the bright lights
小さな男がに弾む
You'd slit your own wrists for the right price
対価のためお前は手首を切ったんだ
Leap from a building and die twice
ビルから飛び降り2回死ね

 

(Do it)
(やれ)

 

Slave in his ribcage, trapped in it
胸郭の奴隷、中に監禁
Deep blood bath with the tap dripping
深い血の風呂と滴る蛇口
Sank from the weight of his suit pockets
スーツのポッケの重さで沈む
How could the ending be that fitting?
どうしてエンディングがこうも似合うんだ?

 

Little old man with the fresh body
ぴちぴちの身体した小老人
Bought brand new teeth and they're scaldis
新品の歯を買って彼らはヤケドし
There ain't a scratch mark left on him
奴にはかすり傷も残ってない
They're pissed 'cause the bat never rolled with them
打席が回ってこないから酔ってる(キレてる)のさ

 

 

He wolfed down every last word and obeyed all orders
奴はラスト一語まで噛みしめ、全指示に従った
Following his futures around dark corners
暗い角を曲がった先で、未来を追う
Chased by a swarm of reporters
記者の群れに追われながら
Half chewed ears like antique switch boards
古びた配電みたくかじられた耳
Plagued by the screams of the same prank-callers
同じイタズラ電話の悲鳴に悩まされる

 

Hand me a badge as this towns lawless
この街の無法者としてバッジを渡せ
Dive in its cold grey waters
冷えたグレーの水に飛び込んじまえ

 

(Do it)
(やれ)

 

[Hook]
The thieves were sneaking round us
泥棒が近くに潜んで
They stole your soul from you
お前の魂は盗まれた
Slip on your second skin and
第二の皮膚をまとい
Do what your told to do
言われたことをやれ

 

You saw the pavement burning
お前は燃える舗道を見た
The skies were golden brown
空は黄金色だった
We heard the whispers, you just
囁きを聞き、お前はもう
Could never hold them down
奴らを抑え込めない

(Never)
(永遠に)

 

 

(Do it)
(やれ)

 

(Do it)
(やれ)

 

(Do it)
(やれ)

 

(Do it)
(やれ)

 

 

 

 

   →次の曲"Every Pool Of Stagnant Water"