韻とアイデアほか

7割は合ってる / 誤訳の指摘は24時間お待ちしとります

【翻訳練習】Jam Baxter - Stand Back Little Timmy

f:id:Tachibuana:20220223122158p:plain

Jam Baxter - Stand Back Little Timmy

 

 府の悪夢はまだまだ続きます。8曲目"Stand Back Little Timmy"はダブルミーニングで彼の復讐を語る傍ら、6曲目"Go On"で言及された「身長約1センチ」の連中目線で街を陥れる曲です。1センチの連中とは恐らくウィルス、あるいは富裕層のことかと思われますね。

 

 Hookで"チビのティミー"に下がるよう言ってるのは、一方では「バレるから距離を取れ」という意味であり、もう一方では恐らくJam氏が酒を飲んでいる=菌が入り込んでも殺菌されてしまうからという意味でしょう。あるいは酔って暴走したJam氏に殺されてしまうという意味か。何にせよ、2つの世界が並行して進行しております。

 

 ここまでの曲で分かる通り、女は"死"を、女神は"サンタ・ムエルテ"を表していて、分かりずらいですが「女王」というのはそのまま彼の地元のエリザベス二世を指してるので間違いないかと。あとは純粋に彼の世界観を楽しんでください。

 

 

 

 

[Intro]
Ay, without blinking
ほら、瞬きせずに
Can't you see the man's drinking?
あの男が飲んでるのが見えないのか?
Yeah
そうだ
Shh
しーっ

 


[Verse 1]
Yeah, stomach full of gold
ああ、胃が金で一杯だ
My silhouette of spies all come in from the cold
スパイの影絵が寒さからやってくる
I was clinging to the last draw, sucking at your soul
俺は帰り際にしがみつき、魂を吸った
Old Tepetate relics in my luggage in the hole
穴空き旅行カバン古い土の遺物

 

Twenty thousand miles from the villains we revered
悪党から2万マイルも離れたとこにいた
You've been pulling faces from the minute we appeared
俺らが現れた時から顔が引きつってたな
Stay behind the curtain there, the kid's a little weird
カーテンの後ろに佇み、ガキは少し変
With assorted giant parasites hidden in his beard
巨大な寄生虫髭に隠してる

 

The candles flicker, pick apart your dinner
蝋が揺らめきお前の晩メシをばらばらにする
Lemon pepper face with the little shards of mirror
小さな鏡の破片に映るレモンペッパー顔
Tell me who's to blame for your "pick a father" figure
お前の"父選び"の算段でだれ責めるべきか言ってみろ
Checking every news channel, killer after killer
各ニュースをチェックしとけ、殺し屋の山

 

The lady wants a Mai Tai, mines a Bloody Mary
マイタイブラッディメアリーを欲す
She just had a seizure, that was fucking scary
彼女が発作を起こしたんだ、そりゃクソ恐ろしいことだった
Scuttled through the winter and survived the summer barely
冬をしのぎ、夏をかろうじて乗り切った
But I will leave the city if you triple double dare me
もしお前が3倍勇気を出してくれるなら、街を出て行ってもいい

 

Done
できた
Everything is edible
ぜんぶ食料にした
I'm just waiting for the condiments, they never come
調味料を待ってるのに、奴らは来ない
Madam, excuse me you're hysterical
奥さん、失礼だがあんたヒステリック
Screaming "Goddamn, where is everyone?"
"畜生、皆どこなの"なんて叫んでちゃな

 

Well, your eyes are writhing in their beds
さて、アンタの目がベッドで蠢いて
The sky is in it's grey suit diving from a ledge
空はその灰のスーツで岩棚を飛び降りていく
The Sun is in a cold sweat, hiding in a hedge
太陽は冷や汗かいて石垣に隠れ
And your gods are in a bar brawl, siding with the feds
神はバーで乱闘してる、サツに守られて

 


[Hook]
I'm here to watch the stars burn out without blinking
瞬きもせず燃え尽きる星を眺めてるんだ
Stand back little Timmy, can't you see the man's drinking
下がりなチビのティミー、奴が飲んでるのが見えないのか?

 

It was the perfect evening
それは完璧な夜だった
The moon was bright red and the birds were shrieking
月は真っ赤で、鳥が悲鳴を上げ
A crowd crawled out of the circus, wheezing
群衆はサーカスから這い出し、喘いでいて
And I whispered this ain't your world, you're dreaming
俺は"ここはお前の世界じゃない、夢見てるのさ"と囁いた

 


[Verse 2]
I think the news reader just screamed for an hour
ニュース読みは1時間叫び続けたと思う
A Mollusk in a toy tank sweeps into power
オモチャ戦車に乗る軟体生物が政権を乗っ取る
Their skills include bloodsports, bubbling hysteria, 
彼らの特技は血のスポーツ、泡立つヒステリー
fencing and crying in a heap in the shower
フェンシングとシャワーで泣き崩れることで

 

They mistook their goddess for a mad "out of towner"
女神をイカれた余所者だと思い込んでいた
A circle of decrepit old hags gather round her
老いぼれババアどもが彼女を取り囲む
She's freaking out, it must be a bad batch of powder
"おかしくなってるんだ、きっと1杯の粉が悪い
Pour yourself a dribble of Shiraz, have a downer
シラーズをちょろっと飲んで落ち着きな"

 

Take a ticket, wait behind the dotted line
切符を取って、点線の内側で待て
Could everyone panic at their allotted time?
決まった時間にパニック起こしていただけないか?
Manufactured the blood into purple tonic wine
血液を紫のトニックワインに作り替えたよ
When the shops are all shut and I won't be shotting my
店が全部閉まって自分の飲む分がないから

 

Rival invalids wrestling on a giant screen
巨大スクリーンで取っ組むライバルの病人たち
Bolts of lightning electrocuting the entire team
雷のボルトがチーム全員を感電させる
The air was wet in the mouldy city, the sky was green
カビた町の空気は濡れ、空は緑だった
A swarm of worker bees medicating their dying Queen
働き蜂の群れが瀕死の女王に薬を与える

 

Arms like inflatables flapping
腕は揺れるエア造形のよう
Soon everyone's hair will just burst into flames
もうすぐ皆の髪が火だるまになって
And they'll sprint around us with French bangers in their mouths
彼女らは咥えて首振りに駆け回ることになる
As the Pixie dust pumps through their gurgling veins
妖精の粉が血管をゴポゴポ汲み上げるみたく

 

A rattling machine swoops down from the sky
ガタガタいう機械が空から舞い降りて
To sprinkle a little fear in every earthly exchange
あらゆる地上の交流にちいさな恐怖を振りまき
And I will back gallons of this liquidised city 
俺はこの液化した都市を何ガロンも買い戻すだろう
just to feed an unquenchable thirst for the strange
抑えきれない奇妙な物への渇きを満たすために

 

 

[Hook]
I'm here to watch the stars burn out without blinking
瞬きもせず燃え尽きる星を眺めてるんだ
Stand back little Timmy, can't you see the man's drinking
下がりなチビのティミー、奴が飲んでるのが見えないのか?

 

It was the perfect evening
それは完璧な夜だった
The moon was bright red and the birds were shrieking
月は真っ赤で、鳥が悲鳴を上げ
A crowd crawled out of the circus, wheezing
群衆はサーカスから這い出し、喘いでいて
And I whispered this ain't your world, you're dreaming
俺は"ここはお前の世界じゃない、夢見てるのさ"と囁いた

 

 

 

 

   →次の曲"All Sprawled Out In The City"