韻とアイデアほか

7割は合ってる / 誤訳の指摘は24時間お待ちしとります

【翻訳練習】Jam Baxter - All Sprawled Out In The City

f:id:Tachibuana:20220223121935p:plain

Jam Baxter - All Sprawled Out In The City

 ※22/04/25 誤解を与えそうだったので、不穏な言説を少し和らげた表現に変えました。

 

 スタルジアと言うにはあまりに暗いですが、くすぶる熱を感じます。9曲目"All Sprawled Out In The City"はJam氏の抱える過去への羨望と静かな怒りが、ひとつの復讐劇として身を結んでいる傑作です。

 

 特にクラブカルチャーに親しんでいた人は、この曲に胸打たれるものがあるかもしれません。どの国でも感じるものは一緒でしょう。近場の店のたむろ、ドア越しの低音、ヤニの残り香。

 

 いくつか解説をば。まずバース2と4ですが、これは体制側とJam氏側とでダブルミーニングになってます。体制側の視点で捉えると前の曲"Stand Back Little Timmy"と同じ文脈で「Jam Baxterが復讐として体制側を次々殺していく」ように解釈できます。

 

 Jam氏がサンタ・ムエルテを味方につけていて、"事件に女あり"の女がサンタ・ムエルテを指してるという具合。"濡れた目の生物"は疫病の獣、"老人"はさしずめ権力者のことでしょう。

 

 そしてJam氏側の視点で捉えると、"ワーム"がウィルスを意味し、「サンタ・ムエルテが復讐するぞ」と捨て台詞を吐く形になるわけですが...めちゃくちゃ重要なのが"役立たず"と"事件に女あり"の部分。

 

 恐らくこれはイギリスの(22年3月現在の)総理大臣、ボリス・ジョンソンのことを指していると考えられます。彼はテレサ・メイ政権下の18年に外相を辞任するんですが、その1か月前にある騒動が起こっていまして。現妻、キャリー・シモンズと喧嘩するんですね。

 

参考:ボリス・ジョンソンの妻、キャリー・シモンズって?

ttps://madamefigaro.jp/culture/210604-carrie-symonds.html

 

 このとき彼はまだ前妻マリーナ・ウィーラーと婚約関係があったのですが、これを機に不倫が発覚して離婚調停が進行、20年11月に正式に離婚することになります。それを待たずして20年2月には既にキャリーと婚約しており、そして21年5月29日に式をあげたのですが、上の記事の通り、裏でボリスに強い影響力を与えていると言われています。

 

 まあそれはともかく、重要なのは彼がその時キャリー・シモンズと"ウェストミンスター大聖堂"で結婚したということ。彼はそれまでキリスト教の中でも聖公会という派に属していたんですが、キャリー・シモンズと関わり、結婚することで...カトリックになったのです。

 

参考:ボリスジョンソン英首相「私はダメなクリスチャン」

ttps://www.christiantoday.co.jp/articles/29750/20210720/boris-johnson-bad-christian.htm

 

 カトリックがサンタ・ムエルテを認めてないのは既に書きましたね。彼はイギリス初のカトリック派総理となった後、ブレグジット、そしてワクチン政策を強力に推し進めることになります。本アルバムでのJam氏の立場とは真逆ってわけですね。

 

 そんなわけでバース3でJam氏は「ババ引いちまったな、総理」ということも書いてるんだと思われますね。そんなにカトリックが嫌いか!

 

 さて、この曲でJam氏が主張する"すべての卓の王を操ってる"人物とは誰なんでしょうか?

 

 

 

 

[Verse1]
Bodies in the hallways
廊下の死体
Drowned in a flood of pure boredom
純の退屈の洪水に溺れたのさ
All hail the survivors
生存者万歳
Hand me another four horsemen
他の四騎士を寄こしな

 

They've taped there mouths up
奴らは口をテープ張りし
They let the others talk for them
他の連中に話をさせる
Catch them live from all angles
あらゆる角度から生で監視し
My face's been diamond studded all autumn
俺の顔は秋中ダイアが散りばめられた

 

Let me leak out of the soles of my feet
足の裏から自分を抜け出させ
Head straight to the drain and escape through the plumbing
排水溝へ直行し、配管を伝って脱出する
The bugs all surf on the wave I'm becoming
虫たちが波と化した俺をサーフし
The streetlights hang like angels above it
天使が舞い降りるように街灯りが射す

 

Midnight's favourites: the kid with the braces;
深夜のお気に入り: 歯科矯正したガキ
A spike through his cheek and a greasy Mohican
頬のピアスと脂ぎったモヒカン
The one legged drunken, the screaming policemen
千鳥足の酔っ払い、わめき叫ぶ警察
The lord of the corner, the freak of the season
角の店の旦那、粉の愛好家

 

[hook]
All sprawled out in the city
だれもが街中に崩れる
Swaying
震盪
Pieces of shrapnel are flying
榴弾の片が飛び散る
Through 'em
貫通
Iron man sits in the sewer
鉄人が下水に座る
Swelling
膨張
Voice in the wind keeps lying
風はを続ける
To him
彼に

 

Just stepped out of the offy
ようやく牢屋を出た
Grinning
冷笑
God's parked up with the meter
神が計器を持ち駐める
Running
発進
Blood red soul with the body
血塗れの魂と身体
Missing
不明
Head for the hills, I see him
丘へ向かえ、ヤツがいる
Coming
来る

 


[Verse 2]
The worms ate your friends, damn
仲間がワームに食われる、クソ
Santa Muerte takes revenge
サンタ・ムエルテの復讐だ (が復讐するぞ)
Why's he still wasted?
何で奴まだ酔ってんだ(役立たずなんだ)?
Cherchez la femme?
事件に女あり?
Peep through the curtains, earthquakes again
カーテンを覗くと、また地震

 

Oily eyed creatures plucked off the streets
濡れた目の生物が通りから摘まれ
Packed in the yard; sardines in tins
住処(胃)に詰め込まれる;缶詰のイワシ
Old men strewn on a cardboard floo
老人が段ボール床に撒かれる
like a box of discarded half-eaten wings
かじった手羽が捨てられた箱のように

 


[Bridge]
Handstand on two middle fingers, yeah
中指2本で逆立ち、ああ
Let me just hold this a while, yeah
しばらくこうで居させろ、ああ
Never shake hands with a bear trap, nah
熊の罠と握手するな、いや
Never pick holes in a smile
笑顔に穴をあけるな

 

It's late and our faces are burning
夜も更け、みな顔が火照り
I will never dress for the cold
俺は寒いからと服は着ない
Boil up the last of the skyline
地平の果てを沸かせろ
Slurping the dregs of the bowl
椀のかすをすすってろ

 


[Verse3]
The kid lost the plot back in twenty eighteen
'18年、ガキは道を踏み外した
He peppers his ex missus with a million texts
元妻に100万通のメールを送り
He rings her door buzzer 'til the wires sneak out
彼は線が抜けるまでドアブザーを鳴らして
And wrap round his pale skin wringing his neck
青い肌に巻き付け、自分の首を絞めた

 

Beasts in the basement
地下室の獣たち
The puddles on the ground led straight to a bright green dribbling wreck
床の水たまりは黄緑のよだれ濡れの廃人へ続いていた
Still pissed 'coz you played every king in your deck
お前がすべての卓の王を繰ってるからまだキレてる
Death's at the front gate dripping in sweat
正門で汗垂らして死が控えてるぜ

 

 

 

 


[Verse 4]
The crowd clawed for attention
民が武装し警告する
We just stayed slumped in the wings
俺らはただ待機し俯いてた
I've been waved all year
この一年、手を振られてた
Gotta keep playing 'til somebody wins
誰かが勝つまでやらなきゃならない

 

But my man emptied his shells 
だが友は殻を空ける
and discarded a whole rack of comfortable skins
すごしやすい皮の型を捨て去った
Then sat himself down in a plush pub toilet 
そしてパブの豪華な便器に腰を下ろし
and hit a triple twenty with a rusty syringe
錆びた注射器で3度、ダーツを射抜いた

 

Handed his prize by a creep in a ballgown
不気味な夜会服が賞を手渡し
One month drunk in a sleepy resort town
静かなリゾート地で一カ月酔いつぶれる
Blood stained sand in a burnt-out beach bar
焼けたビーチ酒場で血に染まった砂
Stand back, I'll be the freak in the foreground
下がれ、俺は前線で化け物になるんだ

 

"Don't worry guys I got it covered"
"心配すんな、代わりにやるよ"

 

Ghouls in the backseats bracing for impact
後部席衝撃に耐えるグールたち
Dig for the heart strings, peeling the skin back
琴線をえぐり、皮を剥いじまえ
Pass him a shot glass, seal him in shrink wrap
ショットグラスを渡し、奴をラップで封しろ

 

 

[hook]
All sprawled out in the city
だれもが街中に崩れる
Swaying
震盪
Pieces of shrapnel are flying
榴弾の片が飛び散る
Through 'em
貫通
Iron man sits in the sewer
鉄人が下水に座る
Swelling
膨張
Voice in the wind keeps lying
風はを続ける
To him
彼に

 

Just stepped out of the offy
ようやく牢屋を出た
Grinning
冷笑
God's parked up with the meter
神が計器を持ち駐める
Running
発進
Blood red soul with the body
血塗れの魂と身体
Missing
不明
Head for the hills, I see him
丘へ向かえ、ヤツがいる
Coming
来る

 

 

[Verse 5]
Midnight, favourites
深夜だ、家臣ども
I think we captured a few more, Captain
さらに数人掴まえたはずだ、キャプテン
Thats sour creep started to scream 
あの不快なヤツが叫び出したら
and the six fruit flies in the room all backed him
部屋の6匹のコバエが奴を支持したぜ

 

Put your tear drops and your candles away,
涙を拭いて蝋を片しな
you ain't fooling a soul with that lukewarm acting
その生ぬるい演技じゃ誰も騙せねえよ
Newborn hatchling
生まれたての子ガメ
Brain like a chewed pork scratching
噛んだ揚げ豚皮みたいな脳

 

These dark corners
この暗い角
They'd all crawl out of them given the chance
チャンスさえありゃすべて這い出てくる
Hordes of obese men sit in their yards
デブの群れが住処に座っている
Surrounded by grinning carnivorous plants
ニタつく肉食植物に囲まれて

 

Tell the gods I want all my shit in advance
神に伝えろ、俺は事前にすべて終えたい
Hand me my future, I'll bathe in it now
未来を渡せ、そいつをすぐ浴びたいんだ
I'll be on a gun tower dodging the death-rays
銃座の上で死の光線をかわしながら
Dancing the Charleston and taking a bow
チャールストンを踊ってお辞儀してやる

 


[Outro]
I've packed for deep space
宇宙へ行くための荷造りをしたが
But I dress for the twenties
20年代(安モルト)へと準備してる
Sell me your wine cellar
ワインセラーを売ってくれ
I'm all set with the readies
備えは万端

 

We stayed up the whole month
俺らは今月ずっと起きてて
My heart slept in our bellies
心は腹で眠った
We'll sell you a dream and a week of amnesia, surrender your pennies
夢と1週分の記憶喪失を売るから、小銭を諦めてくれよ

 

"So why not?"
"なあいいだろ?"

 

 

 

 

   →次の曲"Flickers On The Fourth Floor"