韻とアイデアほか

7割は合ってる / 誤訳の指摘は24時間お待ちしとります

【翻訳練習】Aesop Rock - Coma

Aesop Rock - Coma

 

 ソ上司との闘いは終わりません。それは休息か一回休みか。そろそろエイサップ・ロック氏の残機が気になってきたところですが、8曲目"Coma"は彼に付きまとってくる"睡魔"を巡った曲です。サムネも気を利かせ、ボコられて瀕死のエイサップ氏をチョイス。

 

 ここまで追ってきた曲と同じように血も涙もない難解バトルライムで占められているんですが...お気づきの通り、彼はアルバム中に繰り出した謎のラインを再び提示しているのです。

 

 この曲での例を挙げていくと...

 Labor:"クリロン爆撃機"

 Daylight:"ヘンソン考案の落下傘兵"、"翼の影"、"謝肉祭"、"リンカーン"

 Save Yourself:"神頼み"、"リップ・ヴァン"、"ドッグファイター"、"おとり"

 Flashflood:"雄ヤギの髭"、"ピンボールの反則"、"鉄砲水師"

 One Brick:"流儀"、"クローン羊"

 The Tugboat Complex pt.3:"哨兵"

 

 こんな具合にです。6曲だけで既に膨大な数のリファレンス(参照先)が用意されてるのがおわかりでしょうか。

 

 同世代のMCだと特に彼とMF DOOMに顕著なんですが、彼らのようなアブストラクトMCのパイオニアは、ある曲で出した印象的(だが謎の)ラインを説明、補足するように、別の曲で違う角度からそれらを再利用する、という手法を発明、発展させているんですよね。

 

 DOOMでいくと”Operation:Doomsday”、または"Madvillainy"なんかでこの手法がよく見られたんですが(前者は国内版、後者はこのサイトのゴミ翻訳で確認して下され)、こうすることでアルバム単位で取り扱っているトピック/含意をより重層的に表現でき、またディティールをより克明に掘り下げることが可能になるわけです。

 

 この手法は大きなテーマそれ自体というより、そのテーマを構成する材料の側に働きかけることで効果を発揮します。

 

 例えば"死"というクソデカテーマがあった時、それに対して...

  ①死の方法交通事故、自殺、暴行死、死刑、社会的な死

  ②死の原因不成功、パワハラ、薬物、身内の死、戦争

  ③死の対義創作行為、彼女(嫁)、友人、薬物、現実逃避

 このように、マインドマップ的にいくつか分類/分岐が生み出せるかと思います。

 

 で、上で言った材料の側というのは右の赤文字で、これをさらに具体的、つまり限定的な語彙に落とし込み、使いこなすということなのです。

 

 例として最初に取り上げたAesop Rock氏のユニークワードを見ていきましょう。彼が本アルバムで取り扱っているテーマは"労働"なわけですが、そこに付きまとういくつかの概念/材料は何でしょうか? 整理していくと...

 

 上司"翼の影"、"リンカーン"、"鉄砲水師"

 忠実な部下"おとり"、"クローン羊"、"哨兵"

 社会の慣習"謝肉祭"、"流儀"

 エイサップ(反抗者)"落下傘兵"、"リップヴァン"、"ドッグファイター"、"雄ヤギ"

 反抗方法"クリロン爆撃機"、"神頼み"、"ピンボールの反則"

 

 このように分類することができるかと思います。そして限定的な語彙とはまさにこの右側、赤文字の単語群のことを指してるわけですね。

 

 そもそもアブストラクト/抽象的というのは「個々の事物の本質・共通の属性を抜き出して、一般的な概念をとらえる(by コトバンク)」ことをいうんですが、彼らアブストラクトMCはその共通属性を抜き出すためにあえて具体的で限定的、つまり間接的でメタファー的な語彙を使っているんですね。

 

 

 そしてそこから引き出される最も重要な効果は、それらが限定的、メタファー的であるがゆえに映像的リリックにしやすくそれを反復使用することでアルバムにタイムラインを生み出すことができるということです。

 

 

 例えば『Madvillainy』で言えば、3曲目"Meat Grinder"で出会った女が13曲目"Operation Life Saver..."で強烈な口臭であることが掘り下げられ、ゆえに21曲目"Great Day"で「でもお前がワインや食事したいかもと思うタイプじゃ決してない」と説明がなされるわけです。時間軸が存在しますよね。

 

 英国のJam Baxterによる傑作『Fetch The Poison』では、"赤"という単語から塗り絵(殺人)→赤い車→チェリー塗装仕上げ(殺人/車)→赤信号→血塗られた繰り糸とイメージを連結させていき、それがタイムラインの補強に一役買っています。それ以外にもたくさん連想する単語がありましたよね。

 

 そして...つまり本アルバム『Labor Days』の場合、それは最初に挙げたおびただしい数の単語群にあたるわけです。これら膨大な間接的語群は、流れるようなカメラワーク的映像は生まないまでも、アルバム全体に断片的な流れをつくることに成功しているってわけなんですね。

 

 例えば"Flashflood"で「俺のある種の横揺れがピンボールのランプをとらえるぜ」とラップした後、本曲で「ピンボールの反則が築いた風景を歩いていた」とその事後が述べられる、この前後関係です。

 

 彼はアルバム最後までこれを続けることで、労働というものに対する非常に重層的な見解を紡ぎ出すことができたのです。そしてそれこそ、彼が「Mr. Complex(複合的)」の別称を手にした理由でもあります。

 

 

 

 

 

[Intro]
I now present to you
さてお届けいたしましょう
Music, music, music, 
音楽、音楽、音楽、
Music to make you stagger
あなたをよろめかせる音楽を

 


[Verse1]
I've been a biplane dog fighter
複葉機のドッグファイターでいた
Henson invention Trooper
ヘンソン考案の落下傘兵さ
Burst the result of Dragon Ball Z/Speed Racer gene splicing
ドラゴンボールZ/スピードレーサーによる遺伝子ロープの成果をぶっ放す
Mach force, blind the extorted style from the common dirty
マッハぢからが、常識汚染の強いる流儀を見えなくする
Destiny dream sighting, important as split the prints
予知夢を目がけること指紋の切除くらい重要さ

 

God shit the planet screaming "What on Earth is that?"
なんてこった(神のクソさ)、惑星が"地球のあれ何だ?"と叫んでる
I sit back five dimensions
俺は5次元に腰を下ろした
Only to mostly over cook the specimen
 - 標本をおおよそ煮崩すためだけに
Vending tragic fatality successful dodging volleys
販促の悲劇的災難が首尾よく一斉放射をかわした
It's all Hail Mary's and Hello Dolly's!
"ぜんぶ神頼み、じゃおやつにしよう!"(マリア万歳、やあクローン羊ども!)

 

I flow ridiculous, indigenous to now
滑稽にフローす(不合理に導かれ)るのさ、生来(先住民)から現在まで
Who holds the fifth golden ticket?
誰が5番目の金のチケット手にする?
Tour the wicked war phantom mansion beyond the pickets
哨兵を過ぎ存在しない屋敷への不快な争いをツアーする
The house next door to when the stickball clears the fence
スティックボール柵を越えると根城はすぐそこ
Y'all hesitate to fetch it!
お前らは取りに行くのをためらう

 

"I was walking through a pinball tilt built landscape
"ピンボールの反則が築いた風景を歩いていた
Pterodactyl circling turtle"
翼竜を旋回している"
I bite the bullet in a wingspan shadow
俺は翼ののなかぐっとこらえ(弾丸を噛み)
Suck and rust the oxygen in gulps
酸素をがぶがぶ吸って錆びつかせ
And spit the metal directly back up the barrel
金属を銃身に直で吐き戻す

 

We ice grill the silhouettes (right)
シルエットどもに冷視線を浴びせ
The common decency factors a lowball estimate of zero
一般常識係数が故意にゼロと見積もられる
My testament is striking B-Boy stances
俺の遺書はストライキ中のB-BOYポーズ
Dancing past the foggy mirror
曇った鏡ごしに踊り
When wiped clean, the billy goat beard camouflage the spirit
拭き取られたら雄ヤギの髭で精神を擬態するのさ

 

I'm at six degrees of sexy sarcasm
俺はセクシーな皮肉の第6段階にある
Yeah, never swam up inside Summer Jam classic
ああ、古典的サマージャムの中じゃ泳がないぜ
Another bent backwards bastard
新手の逆張りゲス野郎
Scouring the carnival grounds for an outlet
販路(発散)のため謝肉祭の床を擦り磨く
"Who the fuck is Aes Rock?"
"エイス・ロックって誰(はどれ)だよ?"

 

I'm not a name to keep at arms length
俺は遠ざけとくような名前じゃないぜ
Adjacent to little Linus quilt makeshift
間に合わせライナス掛け布団のそばさ
Sick security mechanism, check your mission
"いいセキュリティ法だな、任務をチェックしな
I am not a vision, check your mission
幻像じゃない、任務をチェックしな
Just a simple sour patch delinquent
ただ単に不機嫌な役職の不良(幻滅した継ぎはぎのサボリ魔)さ
No it will not help you shove your Lincoln
ダメ、そいつはリンカーン(車/人)を押し出す助けにはならない"

 


[Hook]
I alone settle
一人で済ます
I alone peddle in the mud
泥のなか教え歩くのさ
I alone, I condone rebel zone planting
ひとりさ、謀反ポジのおとりだって容認する
I alone stand in a social coma
ひとり"社会的昏睡"に立ち尽くす
All up to your dome, follow I alone
お前の""のせいだ、ついてこい一人だよ

 

I alone settle
一人で済ます
I alone peddle in the mud
泥のなか教え歩くのさ
I alone, I condone rebel zone planting
ひとりさ、謀反ポジのおとりだって容認する
I alone stand in a social coma
ひとり"社会的昏睡"に立ち尽くす
All up to your dome, follow I alone
お前の""のせいだ、ついてこい一人だよ

 


[Sample/Method Man]
Now you see me, now you don't
"ほら俺が分かるか、分かんねえか"

 


[Verse2]
Well he was maverick enough, but still scraped up
やれ彼はひどく無党派だったが、まだキーキーいわせてる
Taki 183 innovation for the kids
タキ183の発明をガキどもへ
Brick foot iron lung honor
レンガ足・鉄の肺の称号
Escape through the night like a disgruntled teen Krylon bomber
不満ある若いクリロン爆撃機みたく夜を逃れる
Without a care, aside from posting the roster
心配(ケア)抜きに、蒸し器配属(名の掲載)はともかく

 

Maladjusted blank-faced civilian dispersed feelings
社会不合の仏頂面市民が感情をばらまき
Reeling in several separate defunct fame booster modules
複数に分かれた死んでる名声ブースター装置巻き込んでいく
This nervous twitch mark the most delectable ingredient
このナーバス痙攣が最もおいしいネタを示すのさ
See Aesop starving troopers in cell blocks with strap-on feeding bins
エイサップが紐付き餌箱で独房の兵士を飢えさせるのを見ろ

 

(More like)
(より正確には)

 

Like I'd auction off a fuck for that blind 'cause you ride in
お前の"いずれやる"なる盲目への言及を競売にかけたいとこだ
I'd rather find the flaws and watch you hide 'em
むしろ欠点を見つけてお前が隠すとこを見たい
Feel the huggard look penetrate brain castle
抱擁を感じ、脳の屋城を貫かれるのを意識しろ
Blasting clear out the back of this batches sour wind collection
束の酸管コレクションの裏をさっぱりブち撒けろ

 

(Flash flooder!)
(鉄砲水師さ!)

 

You're a fuckin' wind-up toy
お前はクソぜんまい人形だ
A goddamn fourth string criminal trading card
第4弦はじく恥ずかしいトレカ
The reason they decorate the fonts of closing credits
ひどく尻すぼんだあと観客の気晴らしを後押すため -
To boost onlooker amusement after fading hard
- エンドロールのフォント飾り立てるその理由だ
Catch more Z's than Rip Van Winkle's 12 Step Narcolepsy Seminar
リップ・ヴァン寝落ち克服セミナーよりZをかき集めろ

 

Action!
アクション!
We all compete the masked illusion
みな仮面したイリュージョンを競う
The common folk, I provoke 'em all
庶民よ、俺は全員キレさす
Challenge dirty balance
悪意あるバランスに挑む
I elope with talent while they fidget
奴らがそわつく間、才能(セフレ)と駆け落ちるんだ
If the revolution ain't gon' be televised
革命がテレビに映らないなら
Then fuck, I'll probably miss it
クソ、見逃すだろう

 

 

[Hook]
I alone settle
一人で済ます
I alone peddle in the mud
泥のなか教え歩くのさ
I alone, I condone rebel zone planting
ひとりさ、謀反ポジのおとりだって容認する
I alone stand in a social coma
ひとり"社会的昏睡"に立ち尽くす
All up to your dome, follow I alone
お前の""のせいだ、ついてこい一人だよ

 

I alone settle
一人で済ます
I alone peddle in the mud
泥のなか教え歩くのさ
I alone, I condone rebel zone planting
ひとりさ、謀反ポジのおとりだって容認する
I alone stand in a social coma
ひとり"社会的昏睡"に立ち尽くす
All up to your dome, follow I alone
お前の""のせいだ、ついてこい一人だよ

 


[Outro]
Omega 1, where you at?
オメガワン、お前どこだ?
Talkin' that...
話してくれ

 

Saying lines about me
"俺のこと言ってるのか
This guy over there, and her
向こうにいる奴や、彼女は
If anybody says a bad thing, shut the mic
誰か悪口言ってたらマイクを切れ
Shut them down
黙らせろ
I'm the boss
俺がボスだ
Shut them down
黙らせろ
That's all I gotta say
それが俺の言う全てだ"

 

 

 

   →次の曲"Battery"